Tag Archives: PC キーボード

sharpキーボードのキーの働きについて (2)

pc キーボードからパソコンを動作させるためには、特定の機能を割り当てたキーを押す方法と、やキーなどを押しながら、他のキーを押す操作(ショートカット)があります。 下図は、代表的なノートパソコンのキーボードの例です。 お使いのパソコンによっては、配置や形が若干異なります。 下図、丸囲み数字をクリックすると、下表“説明部分”を表示します。 “説明部分”から図に戻る場合は、ブラウザソフトの「戻る」ボタンを押してください。 キーボード 《エスケープ キー》現在の操作を取り消して、一つ前の操作に戻るときなどに押します。 ~《ファンクション1~12 キー》使用するソフトウェアによって、いろいろな機能が割り当てられます。 《デリート キー》選択したファイルやアイコンなどを削除します。 《エンター キー》設定画面の破線で囲まれたボタンや、反転している項目を選択します。 《シフト キー》[shift]キーを押しながら他のキーを押すと、キーの上段に刻印されている機能が働きます。 《コントロール キー》[Ctrl]キーを押しながら他のキーを押すと、いろいろな操作ができます。 機能はソフトウェアによって異なります。 《アプリケーション キー》使用するソフトウェアによって、いろいろな機能が割り当てられます。 通常は、右クリックと同じ働きをします。 《オルト キー》[Alt]キーを押しながら他のキーを押すと、いろいろな操作ができます。 機能はソフトウェアによって異なります。 [Alt]キーを押しながら緑色で刻印されたキーを押すと、その機能が働きます。 《Windows キー》Windows の「スタート」メニューを表示します。 《ファンクション キー》を押しながら枠囲みで刻印されているキーを押すと、枠囲みの機能が働きます。 枠囲みでアイコンが刻印されているキーの機能は次の通りです。 +   (  )外部ディスプレイを使用しているとき、表示先を切り替えます。 +   ()内蔵ディスプレイを暗くします。 +   ()内蔵ディスプレイを明るくします。 + … Continue reading

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

sharpキーボードのキーの働きについて (2)

pc キーボードからパソコンを動作させるためには、特定の機能を割り当てたキーを押す方法と、やキーなどを押しながら、他のキーを押す操作(ショートカット)があります。 下図は、代表的なノートパソコンのキーボードの例です。 お使いのパソコンによっては、配置や形が若干異なります。   下図、丸囲み数字をクリックすると、下表“説明部分”を表示します。 “説明部分”から図に戻る場合は、ブラウザソフトの「戻る」ボタンを押してください。  キーボード 《エスケープ キー》現在の操作を取り消して、一つ前の操作に戻るときなどに押します。 ~ 《ファンクション1~12 キー》使用するソフトウェアによって、いろいろな機能が割り当てられます。 《デリート キー》選択したファイルやアイコンなどを削除します。 《エンター キー》設定画面の破線で囲まれたボタンや、反転している項目を選択します。 《シフト キー》[shift]キーを押しながら他のキーを押すと、キーの上段に刻印されている機能が働きます。 《コントロール キー》[Ctrl]キーを押しながら他のキーを押すと、いろいろな操作ができます。 機能はソフトウェアによって異なります。 《アプリケーション キー》使用するソフトウェアによって、いろいろな機能が割り当てられます。 通常は、右クリックと同じ働きをします。 《オルト キー》[Alt]キーを押しながら他のキーを押すと、いろいろな操作ができます。 機能はソフトウェアによって異なります。 [Alt]キーを押しながら緑色で刻印されたキーを押すと、その機能が働きます。 《Windows キー》Windows の「スタート」メニューを表示します。 《ファンクション キー》を押しながら枠囲みで刻印されているキーを押すと、枠囲みの機能が働きます。 枠囲みでアイコンが刻印されているキーの機能は次の通りです。   +   (  ) : 外部ディスプレイを使用しているとき、表示先を切り替えます。 … Continue reading

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

sharpキーボードのキーの働きについて (1)

pc キーボードを使うと、文字を入力したり、特定の機能を働かせたりすることができます。それぞれの役割に使うキーを分けて紹介します。 下記のキーを使って入力モードの変更や、文字変換を行います。 下図は、代表的なノートパソコンのキーボードの例です。 お使いのパソコンによっては、配置や形が若干異なります。   下図、丸囲み数字をクリックすると、下表“説明部分”を表示します。 “説明部分”から図に戻る場合は、ブラウザソフトの「戻る」ボタンを押してください。   ※ 下表は、ノートパソコンを例にキー操作を説明しております。 などのように枠囲みで刻印されたキーについては、 キーを押しながら操作しますが、デスクトップパソコンのキーボードなどで、枠囲みがない場合は、 キーを押す必要はありません。 《半角/全角・漢字 キー》キーを押しながら、このキーを押すことで、日本語入力システムのオン/オフを切り替えます。(ご購入時の設定では、このキーを押すだけでオン/オフを切り替えられます。) 数字キー ブロック 〔ノートパソコンの場合、このブロックのキーが「テンキー」と同じ役割をします。〕 数字キーロックモード時、数字と演算記号(青色刻印)が入力できる状態になります。 《数字キーロック キー(ニューメリカル ロック キー)》キーを押しながら、[NumLK]キーを押すと、Num Lockランプが点灯し、数字キーブロックで、数字と演算記号(青色刻印)が入力できる状態になります。モードを解除するにはもう一度キーを押しながら[NumLK]キーを押します。 《デリート キー》カーソル位置の右側の1文字、または選択した範囲の文字を消します。 《バックスペース キー》カーソル位置の左側の1文字、または選択した範囲の文字を消します。 《エンター キー》日本語入力システムがオンのときに、入力した文字を確定します。 文字確定後、および日本語入力システムがオフのときは、「改行」になります。 〔リターン(改行)キーとも言います。〕 《シフト キー》[shift]キーを押しながら文字キーを押すと、キーの上段に刻印されている文字や記号、アルファベットの大文字が入力できます。 《カーソル キー》カーソルを上下左右に移動します。 《カタカナ・ひらがな・ローマ字 キー》日本語入力システムがオンのときは、キー を押しながら、[カタカナ・ひらがな・ローマ字]キーを押すたびに、かな入力/ローマ字入力が切り替わります。また、[shift]キーを押しながら[カ … Continue reading

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

アップルキーボードと Windows XP へのキーボードマッピング

この記事では、Boot Camp Beta 1.1.1 およびそれ以降で Microsoft XP オペレーティングシステムを使う際の、アップル製の外付けキーボードと搭載キーボードの機能と特殊キーをマッピングするプロセス、および各機能で使うキー をキーボード別に説明します。 Microsoft XP 用の Apple Keyboard サポートドライバ Boot Camp Beta に含まれる Apple Keyboard サポートドライバにより、Intel ベースでアップル製キーボードの機能を利用できるようになります。このドライバでは、Microsoft XP 用キーボードの基本的な機能に対応するように Apple Keyboard のキーがマッピングされます。このドライバは、Boot Camp Beta の Apple Driver CD を使ったインストール時にインストールされます。 Apple Keyboard サポートドライバを無効にすると、アップル製外付けキーボードの拡張機能キーまたは MacBook および … Continue reading

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , , | Leave a comment