Tag Archives: パソコンのキーボード

パソコンのキーボードを大掃除してみた キーの下には大量のゴミ

パソコンのキーボードを、キートップを外して大掃除している 底にはゴミが溜まっており、予想を上回る汚さだったという 汚れは故障の原因となることもあり、小まめな掃除を心がけたいと筆者 実は超汚い!? パソコンのキーボードを大掃除してみた ほぼ毎日使うパソコンのキーボード。その汚れについてこれまで特に意識してはなかったのだが、「便座の5倍の量のばい菌が潜んでいる」なんていう話は何度か耳にしたことがある。ふと自分のキーボードに目を落とすと、ホコリがこびり付き、キーの下には大量のゴミが。「このまま年を越したくない」という思いに駆られ、本格的に掃除をしてみることに。 今回掃除するのは、オフィスで使用しているメンブレンタイプのキーボード。筆者は仕事用のデスクで昼食をとったりおやつを食べたりするにも関わらず、このキーボードを使い始めてからおよそ2年半、1度も掃除をしたことはない(!)。 キートップがテカッているのはツヤでなくおそらく皮脂。ホコリが付着し、奥には食べかすのようなものも見える 【準備】道具を用意。なるべく人のいない場所でやろう まずは、必要な道具の準備から。今回はキートップをすべて外してその下まで掃除をするため、500円程度で手に入るキートップ引抜工具を用意した。 <主な道具>キートップ引抜工具(キートップを外すための専用器具)洗濯用ネット(キートップを水洗いする際の紛失防止用)食器洗い用洗剤(キートップの水洗いに使用)エアダスター(本体のほこりや小さなゴミを吹き飛ばす)綿棒(細かい部分の汚れを取る) ほかには、水洗い後のキートップを拭くタオルやティシューをあらかじめ用意しておくとスムーズだ。ハウスダストによるアレルギーが心配な場合は、マスクを装着したほうがよい。ちなみに、掃除を始めると思った以上にホコリが舞い散るので、なるべく人がいない場所を選んで作業しよう。 キートップ引抜工具(左)とエアダスター(右)以外は通常家庭にあるものなので、ハードルは低いはず →PCKeyboard.jpで「キートップ引抜工具」をチェック! 今回使用したのは「ダイヤテック FILCO KeyPuller [FKP01] 」 →PCKeyboard.jpで「エアダスター」をチェック! 【手順1】掃除スタート! まずはキートップを外す 道具がそろったら、キートップを外していく。すぐさま外しにかかりたくなるが、外す前の状態を撮影しておくのを忘れずに! いざ戻す段になって「キーの配置がわからない……」となるのを防ぐためだ。 ついでに汚れがひどい部分も撮っておけば、掃除終了後にビフォー&アフターを楽しめる 撮影が終わったら、いよいよキートップを外す。思ったより力を入れないと抜けないのと、外れる瞬間“ばきっ”と音がするため最初は勇気がいった。慣れてしまえばサクサク引き抜けるはずだ。 キートップは抜ける勢いで飛んでしまいやすいので注意。今回、ハンドル部分を握って使用するタイプの引抜工具を用意したが、「キートップを指で押さえながら引き抜けるタイプのほうが使いやすかったかもな」とほんのり思った。 キートップの底に引抜工具を引っかけ、力いっぱい真上に引っ張る キートップが外れると、キーとスイッチの間のラバーとともに底に溜まっているゴミが姿を現す。予想はしていたものの、それを上回る汚さに驚いた。 この汚れがキーボード全体に広がっているかと思うと鳥肌が立つ 【手順2】キートップを水洗いする キートップをすべて外したら、付着したほこりや皮脂を落とすため水洗いをする。ポイントは、紛失防止のために洗濯用ネットに入れて洗うことと、水洗い後によく乾かすことだ。 キートップは表面だけでなく、裏側にもほこりや皮脂のようなものがたっぷり付着している 水またはぬるま湯を張った洗面器や洗面台に洗剤を投入し、ネット内のキートップ同士を軽くこすり合わせるようにして洗っていく。 洗濯用ネットは大き過ぎるとキートップがバラけて洗いづらく、小さすぎると中身が対流しないため、「シャツ1枚用」くらいのサイズのものがベストだと思う 洗浄具合を目で確認することはできないが、2分ほど洗えばキレイになった よくすすいで洗剤を落としたら、タオルで水気をよく拭き取ろう。その後、広げて水分を飛ばす。早く乾かしたい場合はドライヤーを使ってもOKだ。 ドライヤーは必ず冷風モードで使用すること 【手順3】キーボードの土台を洗おう キートップを乾かしている間に、エアダスターと綿棒でキーボードの内側を掃除する。外側は、固く絞った布巾などで拭いておこう。 キートップをすべて外したキーボード。ハウスダストアレルギーの筆者は、見ているだけでくしゃみが出そう … Continue reading

Posted in キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

キーボードの種類・構造

普段何気なく使っているキーボードにもさまざまな種類があり、構造も全然違います。 たま~に文字を打つ程度であればどんなものでもいいのですが、私のように文字を長時間打つ場合は、キーボード選びがとても大切になります。 キーボード選びの参考にしてみてください(゚ー゚)   デスクトップPCでは一番よくみかけるタイプです。比較的安価で作ることができ、現在発売されているパソコンのキーボードは、ほとんどメンブレンです。   キーの下にはシリコンキャップといわれるゴムがついており、キーボード一面を覆っています。このゴムがキーを押し戻してくれています。 ゴムの下には回路や基板が張り巡らされており、キーを押すとそこに接触して文字を入力します。劣化してくるとこのゴムがちぎれたり、回路の接点が削れたりして故障します。キー自体に高さがあり、「カチャカチャ」と音が鳴ります。 パンタグラフ   ノートパソコンでは一番良く見かけるタイプです。キー自体に高さがほとんどないので、省スペースなノートパソコンにはもってこいです。   キーの下にはX型にプラスチックの部品がついており、これがキー支えており、シリコンキャップがキーを押し戻してくれます。 キーの高さを高くできないノートパソコンでも、押し下げる感覚を得ることができます。キーを押す音はメンブレンよりは小さいですが、「パチパチ」と音が鳴ります。 メカニカル 1つ1つのキーに金属製のバネがついており、独特のタッチを生み出しています。バネがついているので衝撃をうまく吸収してくれるので、長時間のタイピングでも疲れにくいという特徴があります。 耐久性が非常に高いですが、キーボード自体も重くなり、高価です。 キーの音はメンブレンと同等か少し大きいくらいです。 他にもキーボードの種類はあることはありますが、一般の方はお目にかからないようなものですので、あえて省かせていただきますm(_ _)m キーボードの種類で一番高価なのはメカニカルですが、高価だからいいというものでもなく、メンブレンが好きな人やパンタグラフが好きな人もいます。 私の場合はパンタグラフ式で、キー自体が薄いものが好きです。速く打てる気がするので(・_・?)これは好みの問題ですね。 いろんなキーボードを試してみて、 自分に合ったキーボードに出会えるといいですね(^v^)

Posted in キーボードの種類・構造 | Tagged , , | Leave a comment

キーボードもお掃除!パソコンもね

パソコンはどうでしょう? 日常的に接しているパソコンも、やはりゴミは溜まっています。 という事で、今日はパソコンやキーボードのお掃除について紹介しておきます! パソコンのキーボード、トイレより汚い!? ・パソコンのキーボード、トイレより汚い可能性=英調査|ロイター 確かに、トイレ掃除はこまめにしても、キーボード掃除はあまりしない方が多いと思います。 今使ってるパソコンのキーボードを見てみてください。 手垢や埃などが溜まっていませんか? ふだんパソコンの前で食事をしている方は特に要注意! 食べかすとか入っているとかなり汚れが溜まっているかも(;´Д`) パソコンにも汚れは溜まる それと、これもあまり気にしていない方が多いのですが、パソコン自体もほこりは溜まっていきます。 基本的にパソコンは空冷。 つまり、CPUなどを冷却するために、空気を吸引して冷やし、そして排出しています。 そのため、フィルターなどはあっても、微細なほこりなどが徐々にパソコン内部に溜まっていくのです。 ノートパソコンでは分かりにくいでしょうけど、デスクトップパソコンで簡単にケースが外せるタイプなら、一度取り外してみてください。 きっと白っぽい塵や綿のようなほこりが溜まっているのが確認できると思います。 これらを放っておくと、冷却性能が落ち、パソコンの寿命を縮めることにもなりかねません。 パソコン/キーボード/マウスも掃除しよう! という事で、年末の大掃除には、ぜひパソコン/キーボード/マウスも一緒に行ってあげてください。 もちろん、パソコン内部の水拭きなどはおすすめできません。 表面上の掃除なら大丈夫でしょうけど、いずれにしても掃除の際には細心の注意を払いましょう。PCキーボードの専門店 おすすめは100均や家電量販店などで購入できる“エアダスター これなら空気で汚れを飛ばすだけなので、パソコン内部へも使用できます。 キーボードの間のゴミを取るのにも効果的。 また、キーボードに関しては、方式によってはブロックを取り外して掃除も可能。 人によっては水洗いしてる方もいるようですが、なかなかそこまでは時間もかかり難しいかも(;´∀`) なお、ライフハッカーさんに色んなキーボードの掃除方法が紹介されています。なかなか参考になりました!

Posted in PCキーボード | Tagged , | Leave a comment