Tag Archives: キーボード交換

Toshiba dynabook AX53/C 分解

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。 この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。 ポイントは4ヶ所です。それぞれの枠で示しています。まず光学ドライブを外すために、赤枠のネジを抜きます。 強制イジェクトさせ、引き抜くと簡単に取り出すことができます。 次に液晶ケーブルと無線ケーブルを外します。 液晶を外すためには、液晶を支えている左右2本、合計4本のネジを抜きます。 液晶を取り外した様子。ケーブルなどをうまく取り外し、液晶を上に持ち上げる感じですると比較的簡単に取り外せます。 次に黒の底面の土台と白いカバーを切り離すのですが、左手前のPCカードスロットあたりから爪を外していくのが一番やりやすいかと思います。 全体に爪がかかっています。慎重に少しづつ力を入れていくと持ち上がります。 分離させた様子。マザーボードに到達しました。 CPUファンはヒートシンクとはつながってないので、ネジ2本と電源ケーブルを抜くことで取り外すことができます。 今回、AX53/Cを分解したのは、CPUファンが回らず、熱暴走で電源が落ちるというのがきっかけでした。CPUファンを取り外し確認したとこ ろ、かなり大きな埃の塊がありこれがCPUファンの回転を妨げていました。取り除くことでCPUファンの回転は正常に回復しました。 … Continue reading

Posted in TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードの知識, キーボードの種類・構造 | Tagged , , , , | Leave a comment

DELL D505 キーボード交換 分解

DELL D505のキーボードを交換してみました。交換の理由はキーボード不良のため。ノートパソコンの場合、結構な割合でキーボード不良が起きます。壊れる原因で一番多いのが、水やお茶などをこぼしてしまったというもの。他には、いつの間にかいくつかのキーが入力できなくなったとか、キートップがとれてしまったとか・・・ ノートパソコンのキーボードを交換する場合、もちろん交換が容易な機種と容易ではない機種があります。交換が容易というのは、キーボードの取り外し交換が簡単で、かつ適合したキーボードが入手しやすいということです。 なのでキーボード交換が自分でできるかどうかは、 キーボード取り外し交換ができるか?そこまで分解可能かどうか? 適合したキーボードが入手できるかどうか? この2点に尽きます。 私の経験上、取り外し交換が比較的容易でキーボードの入手がしやすい機種・メーカーはNEC、DELL、Fujitsuあたりかと思います。今回はDELL D505でキーボード交換の解説ですが、XP搭載のノートパソコンのキーボード交換ではよくある分解パターンなので、参考になるかと思います。 よくあるパターンとして、キーボード上のカバーを外すことでキーボード取り外しまで至るというもの。NEC、Fujitsu、DELLはこのパターンが非常に多い。カバーのとり方は機種により多少異なりますが、液晶を大きく奥へ広げて作業するとやりやすいです。このキーボード上のカバーは通常下記のD505のようにドライバーを入れる隙間があったりします。 D505の場合、カバーを浮かせて左右にスライドさせながらツメを外します。なんとなく適当にしていると外れました。よくあるパターンとして液晶ヒンジカバーが液晶裏のところにツメで固定されていることがあるので、そういう場合は本体後方のツメを軽く外します。(NEC Lavie)に多い キーボードはたいてい2本のネジで留められているのでこれを外します。 ネジをとったらキーボードを取るのですが、キーボードは一般的に本体側に軽くツメで留められていることが多いです。特にキーボード手前側には必ずといってツメがあるので、軽くキーボードを浮かせ矢印のように上の方に引っ張りながら取り外します。 ひっくり返します。あとはマザーボードとキーボードがケーブルでつながっているのでこれを慎重に外します。キーボード交換で一番集中するところはここです。あとは新しいキーボードに付け替えて終了。キーボードの最終確認はWindowsを起動させメモ帳ですべてのキーを入力してテストしてみる。 補足ですが、今回DELL D505のキーボード交換にあたって、実はD505用のキーボードが入手できませんでした。しかし手元にD600のキーボードがありネットで写真を見比べると形がほぼ一緒でした。唯一の違いがD600にはキーボードの中央にゴム製のポインターがあり、D505にはない。 しかしなんとなく型番も近いし大丈夫だろうと思ってキーボード交換してみたら、問題なく動作しました。ノートパソコンの場合、きちんと適合したキーボードが入手できればそれにこしたことはありませんが、形が一緒で型番が近ければ交換は基本的にいけそうな気がする。 オークションなどでキーボード裏面に記載されている型番や機種名などで検索すると該当するキーボードは見つけやすいです。

Posted in Dell キーボード, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

Toshiba dynabook キーボード掃除 分解 情報

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。TOSHIBA PCキーボード この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 Toshiba キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

ノートパソコンのキーボードの交換方法

海外に行った直後に、激しくビールを噴いてしまった レッツノート(CF-T5) 。帰国したらキーボードを交換しようと思っていたので、実際にやってみました(キーも一つ壊れてるし)。 (関係ないですが、パームレストの黒ずみ、どうやったら綺麗になるんでしょうね) 毎日使ってるパソコンなので、引き取り修理に出したくなかったのと、自分で内部の掃除もしたかったので「部品を取り寄せて自分で交換」することにしました(というか、基本分解好き)。 パナソニックの修理センターに電話すると、「引き取り修理」が基本ながら、***(以下非オフィシャルなやり取り)***、ということで、部品を購入できることに。 予約して2日程で近くのパナソニック修理センターから電話があり部品を調達。税込み3,750円。 ローマ字刻印のないものも選べた、ということに後で気づいて orz。 ※以下、分解は自己責任でお願いします ということでキーボード交換。以下の手順は CF-T4, CF-T5 専用です。 まず、バッテリーを取り外します。 キーボードとめ具を丁寧に取り外します。 精密ドライバーで、ネジを 4箇所外します。外す場所は部品の裏面と照合すればすぐわかります。 幸いネジの形状はすべて同じなので、混ぜても安心。 この状態でディスプレイを開き、バッテリ箇所の格子状の隙間から指で上に押すとキーボードが浮き上がります。 うわー、やはり飲み物のねっちょり感が残ってます・・・ ということで、丁寧に掃除。良く壊れずに耐えてくれたものです。 掃除が終わったら、新しいキーボードを接続。端子は放熱板の裏にあります。コネクターを引き出して端子を入れ、最後にきっちりとコネクターと閉めます。 あとはテキパキと元に戻して完成。 キーボードは右側にツメがあるので、右下に押し込んで閉じるようにします。 完成。 いやー、交換してわかりましたが、キーボード、やはりへたっていたんですね(あと飲み物こぼした影響も多々あり・・)。 キーのテカリもなくなり、タッチもフィーリングもとても良くなりました。すばらしい。 キーボード交換自体はたった5分ほどの作業です。(このエントリを書く方が時間がかかりましたw) まぁ、あまり自分で交換することはないかと思いますが、気分もすっきりしてかなりお勧めです。 長く使う Let’s Note なので、ご参考までに。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

ノート パソコン キーボード 故障時の対処法

ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、動かない時には掃除を ノートパソコンを使っているとキーボードの修理が必要な時がよくあります。 デスクトップ型パソコンならばキーボードを交換すればよいですが、ノートパソコンのキーボードはすぐに交換するわけには中々いきません。 外付けのキーボードを接続して使っている人もいるようですが、ノートパソコン用のキーボードであっても少々場所をとります。 キーボードが打てないとか動かなくなったとかそういう事がたまにあります。 打てない、動かないというのはキートップの下にゴミが溜まり、そのせいで打てなくなったという事があります。 ちゃんとキーボードの掃除をしていますか、あまり掃除をしていないという場合は、ノートパソコンを持ってそのままひっくり返し少し振ってみてください。 想像以上のゴミ、ホコリが落ちて来ます。その後ハケなどでキーの間を掃除してみましょう。 それだけどまた動くようになる事もありますから。 ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、キートップの破損 ノートパソコンのキーボードのキーが外れて困ったと言う方結構多いですねえ。 タイピングしているとキーの部分が突然外れたという経験のある方結構いらっしゃるんではないでしょうか。 これは構造として外れるようになっているので仕方が無い事です。ノートパソコンのキーボードはその多くがパンタグラフ方式というものになってます。取れてしまったキーの裏側を見ると分かるかもしれませんが二つのパーツが組合わさっていると思います。そのパーツが展開する様子が電車のパンタグラフのようなんです。 このパンタグラフに付いている二つの突起部分がパネル側に取り付いています。 ですからちょっと力をこめて外れたキーをパネルに押し付ければはめるですが、前述の突起の部分を見てみてください。突起が折れてしまったていたら、はめる事は出来ません。 キートップそのものを交換するしかないのですが キートップだけの入手はなかなか困難なようですね。 同じ機種のノートパソコンのキーボードから持ってくるという方法もありますが、わざわざそんなことをするならばキーボードを丸ごと交換した方が早いです。 ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボードの修理、キーボードの交換 ノートパソコンのキーボード修理、この場合は修理と言うより交換なのですが、 保障期間、購入から大体1年~3年ぐらいだと思いますが、それならばメーカーでキーボード修理交換を頼めばいいですね、しかし保障期間が切れていたらどうすれば良いのか? ノートパソコンのキーボード交換ぐらいならば、業者に修理を頼むぐらいなら 自分で修理した方が良いです。 ノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっています。 ちょっと昔に比べるとさらに外しやすくなってます。 昔は媒体裏側のねじを数本外し、表のカバーを外してそしてフラットケーブルを外し、 それから交換と多少の手間がかかりました。 しかし最近のノートパソコンのキーボードは分解、外しやすくなってます。 キーボード側のカバーを外し、キーボードを留めてしるのねじを外せば後はケーブルを外すだけで、 キーボードの取り外しが出来ます。 交換用のキーボードはノートPCの型名がわかれば入手する手段は幾らでもあります。 入手出来たのならば自分で修理して見てはどうでしょうか。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment