ノートパソコン キーボード修理 交換

ノートパソコンのキーボードは、パソコンを操作する上でとても重要なな部品です。
キーボードが一部分でも壊れると、すぐにでも直さなければ、ノートパソコンはまったく役に立たなくなってしまいます。

機種によってはキーボードを簡単に交換できる場合もありますが、ノートパソコンのキーボードは非常に軽量で脆い部品です。取り付け中にキーボードを破損してしまうだけでなく、ノートパソコンの重要な部品を破損して、ノートパソコン自体が起動しなくなってしまう危険性もあります。

ノートパソコンのキーボードが故障すると、以下のような症状になることがあります。

ノートパソコンを起動させると連続したビープ音が鳴る

故障したキーが押されっぱなしになった状態で故障しているため、ノートパソコンから警報音が出ています。キーボードの交換が必要です。

特定のキーが入力できない

キーボードのセンサー部分や、キーボード内の回路にホコリや湿気が混入し、動作を妨げている状態です。キーボード自体を分解することは困難ですので、キーボードの交換が必要です。

キーボードを操作すると、意図しない文字列が入る、または動作をする

キーボードから常にコマンドキー(ctrlキーやShiftキーなど)が押されたままの状態で故障しているため、ショートカットキーによるコマンド操作が入力されています。

パスワードが入力できない

キーボードが故障すると、正しいパスワードが入力できず、ノートパソコンにログインできなくなってしまいます。

キートップが取れてしまった

ノートパソコンのキーボードはキートップ(文字が印刷されているボタンの部分)が脆く、簡単に取れてしまいます。さらに無理な力がかかると、機械的に破損してしまいます。

パンタグラフが取れてしまった

パンタグラフはキーを垂直に上下させる機構ですが、脆くて折れやすいのが特徴です。パンタグラフが折れてしまうと、キートップを支えられませんので、キーボードの交換が必要です。

ノートパソコンのキーボードが故障してしまう原因として以下のようなお客様が多く見受けられます。

キーボードに水や飲み物を零してしまった
キーボード上に物が落下してしまった
キーボードにホコリが詰まって押せなくなってしまった
ある日突然、一部のキーが反応しなくなった
お子様やペットに壊された

ノートパソコンのキーボードは、メーカーや機種によって、まったく異なるキーボードが取り付けられているため、お客様のパソコンに適合するキーボードに交換する必要があります。キーボード交換をご希望の際は、ノートパソコンのメーカー、型式を必ずお知らせください。

ノートパソコンのキーが一部だけ破損している際は、補修による応急的な修理が可能な場合があります。補修が可能な例として、下記のような例が挙げられます。

キーボードのパンタグラフを支える台座が曲がった場合
キートップ側のパンタグラフが部分的に破損した場合
キーボードの中心にあるラバーボタンが外れてしまった場合

ノートパソコンをすぐにでも使用したいお客様には、以下のような処置をすることも可能です。お気軽にご相談ください。

USB接続のキーボードで使用可能にする

お客様のノートパソコンに適合するキーボードが無い場合は、USBの外付けキーボードを利用することで、応急的に使用可能な状態とすることができます。お困りの際はお気軽にご相談ください。

※キーが押されっぱなしになる症状では、本体に取り付けられているキーボードの配線を取り外し、USBキーボードのみで正常に使用できるように修理致します。

キーボード内で、あまり使用しないキーと部品を入れ替える

壊れてしまったキーと同一形状のキーであれば、使用頻度の低いキーと、直したいキーを入れ替えることで、応急的に使用可能にできます。ノートパソコンを一刻も早く使用可能にしたい方は、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆
一般的に、発送後、商品の到着まで通常3~7営業日かかります。
弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。
Tel:      50-6864-8076 Fax: 50-6864-8076

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.