ノートパソコンの修理についてキーボードの修理

ノートパソコンの修理などというと、液晶モニタかキーボードの修理が多いような気がします。
もちろん他にも修理を要する故障も起きるでしょうが、経験上これらが多かったです。
ノートパソコンを修理する場合SONYのVAIOやNECのノートパソコンなどには
そのメーカー特有のクセがありますので自分で修理するには向かないような気がします。
デスクトップパソコンなどは大体どこのメーカーであっても組み方に大差はないですが、
ノートパソコンはメーカーごとにいかに小さく頑丈で使いやすい物を作ろうと日々考えられているものです、
ですからその媒体の組み方もメーカーごとのものになっているのです。まるでパズルみたいに複雑に組まれているものもあります。
ですから、保障期間の中であるならばもちろんですが、保障期間が切れていたとしてもなるべくメーカー修理を依頼した方が良いと思います。


ただ、保障期間が切れている場合は有償修理になりますので、それなりにお金がかかります。
そういった場合は割安な修理業者にノートパソコン修理を依頼するのもやむをえないのですが、
修理業者も純正部品をメーカーから調達しますので、結局ノートパソコンのメーカーに修理を頼むのが安心かつ安全な気がします。
ただし、キーボードの交換は簡単にできますので自分で修理することをお勧めします。
キーボードは消耗が激しい部品ですので故障する事が多いです。
これをいちいち修理に出していてはきりがありません。
なるべく自分で交換したほうが時間もお金も節約できると思いますよ。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply