ノート パソコン キーボード 故障時の対処法

ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、動かない時には掃除を

ノートパソコンを使っているとキーボードの修理が必要な時がよくあります。

デスクトップ型パソコンならばキーボードを交換すればよいですが、ノートパソコンのキーボードはすぐに交換するわけには中々いきません。

外付けのキーボードを接続して使っている人もいるようですが、ノートパソコン用のキーボードであっても少々場所をとります。

キーボードが打てないとか動かなくなったとかそういう事がたまにあります。 打てない、動かないというのはキートップの下にゴミが溜まり、そのせいで打てなくなったという事があります。

ちゃんとキーボードの掃除をしていますか、あまり掃除をしていないという場合は、ノートパソコンを持ってそのままひっくり返し少し振ってみてください。

想像以上のゴミ、ホコリが落ちて来ます。その後ハケなどでキーの間を掃除してみましょう。

それだけどまた動くようになる事もありますから。

ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、キートップの破損

ノートパソコンのキーボードのキーが外れて困ったと言う方結構多いですねえ。

タイピングしているとキーの部分が突然外れたという経験のある方結構いらっしゃるんではないでしょうか。

こ れは構造として外れるようになっているので仕方が無い事です。ノートパソコンのキーボードはその多くがパンタグラフ方式というものになってます。取れてし まったキーの裏側を見ると分かるかもしれませんが二つのパーツが組合わさっていると思います。そのパーツが展開する様子が電車のパンタグラフのようなんで す。

このパンタグラフに付いている二つの突起部分がパネル側に取り付いています。

ですからちょっと力をこめて外れたキーをパネルに押し付ければはめるですが、前述の突起の部分を見てみてください。突起が折れてしまったていたら、はめる事は出来ません。

キートップそのものを交換するしかないのですが キートップだけの入手はなかなか困難なようですね。

同じ機種のノートパソコンのキーボードから持ってくるという方法もありますが、わざわざそんなことをするならばキーボードを丸ごと交換した方が早いです。

ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボードの修理、キーボードの交換

ノートパソコンのキーボード修理、この場合は修理と言うより交換なのですが、
保障期間、購入から大体1年~3年ぐらいだと思いますが、それならばメーカーでキーボード修理交換を頼めばいいですね、しかし保障期間が切れていたらどうすれば良いのか?

ノートパソコンのキーボード交換ぐらいならば、業者に修理を頼むぐらいなら
自分で修理した方が良いです。
ノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっています。
ちょっと昔に比べるとさらに外しやすくなってます。

昔は媒体裏側のねじを数本外し、表のカバーを外してそしてフラットケーブルを外し、
それから交換と多少の手間がかかりました。
しかし最近のノートパソコンのキーボードは分解、外しやすくなってます。
キーボード側のカバーを外し、キーボードを留めてしるのねじを外せば後はケーブルを外すだけで、
キーボードの取り外しが出来ます。
交換用のキーボードはノートPCの型名がわかれば入手する手段は幾らでもあります。
入手出来たのならば自分で修理して見てはどうでしょうか。

This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply