ノートパソコンのキーボード修理方法について考えるキーボードを交換するには?

ノートパソコンを使用中突然キーボードのキーが外れたことはありませんか?まさかそのままあきらめてテープで貼っちゃたりしてませんか?そんなノートパソコンのキーボードの修理方法、故障時の対応方法、キーボードの交換方法などをお伝えしようと思います。

ノートパソコンのキーボード修理方法、交換方法についてですが、
保障期間は大体1年から3年ぐらいが無償での交換期間になっていると思います。この期間なら使用パソコンのメーカーのサポートに問い合わせをして、キーボード交換を依頼すれば問題ありません。
しかしこの保障期間が切れていたら、多少割高になるかもしれませんが使用パソコンのメーカーでの有償修理か、一般のパソコン修理の業者に頼むという方法があります。
しかし私はノートパソコンのキーボード交換をパソコンの修理業者に頼むのはお勧めしません。修理業者に頼むぐらいなら、自分でやっていまった方が作業代が浮きそれだけ安上がりです。
今時のノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっていますので。
ちょっと前のノートパソコンのキーボードは本体全体を分解しなければいけないものや、ノートパソコン本体の裏面から螺子を何本も外し、表面のカバーを外し、やっとキーボードが外せるようになるなどととても大変でした。
でも今のノートパソコンのキーボードは非常に外しやすくなってます。
以前のように何本も螺子で止まっているという事はありません。
それに、ものによっては螺子が全くないものもあります。
交換用のキーボードはメーカーに問い合わせれば有償で取り寄せることができます。修理業者もキーボードはメーカーから取り寄せているようです。
仮に、メーカーにキーボードの在庫が無く取り寄せができなかったとしてもオークションサイトで新品のキーボードや中古品が多数出品されています。
ノートパソコンのキーボードを入手する事が出来るのならばキーボードの交換は自分で交換したほうが良いと思いますよ。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply