ノートパソコンのキーボードの交換方法

海外に行った直後に、激しくビールを噴いてしまった レッツノート(CF-T5) 。帰国したらキーボードを交換しようと思っていたので、実際にやってみました(キーも一つ壊れてるし)。


(関係ないですが、パームレストの黒ずみ、どうやったら綺麗になるんでしょうね)
毎日使ってるパソコンなので、引き取り修理に出したくなかったのと、自分で内部の掃除もしたかったので「部品を取り寄せて自分で交換」することにしました(というか、基本分解好き)。

パナソニックの修理センターに電話すると、「引き取り修理」が基本ながら、***(以下非オフィシャルなやり取り)***、ということで、部品を購入できることに。

予約して2日程で近くのパナソニック修理センターから電話があり部品を調達。税込み3,750円。


ローマ字刻印のないものも選べた、ということに後で気づいて orz。

※以下、分解は自己責任でお願いします

ということでキーボード交換。以下の手順は CF-T4, CF-T5 専用です。
まず、バッテリーを取り外します。

キーボードとめ具を丁寧に取り外します。


精密ドライバーで、ネジを 4箇所外します。外す場所は部品の裏面と照合すればすぐわかります。


幸いネジの形状はすべて同じなので、混ぜても安心。

この状態でディスプレイを開き、バッテリ箇所の格子状の隙間から指で上に押すとキーボードが浮き上がります。

うわー、やはり飲み物のねっちょり感が残ってます・・・

ということで、丁寧に掃除。良く壊れずに耐えてくれたものです。

掃除が終わったら、新しいキーボードを接続。端子は放熱板の裏にあります。コネクターを引き出して端子を入れ、最後にきっちりとコネクターと閉めます。

あとはテキパキと元に戻して完成。
キーボードは右側にツメがあるので、右下に押し込んで閉じるようにします。


完成。
いやー、交換してわかりましたが、キーボード、やはりへたっていたんですね(あと飲み物こぼした影響も多々あり・・)。

キーのテカリもなくなり、タッチもフィーリングもとても良くなりました。すばらしい。
キーボード交換自体はたった5分ほどの作業です。(このエントリを書く方が時間がかかりましたw)
まぁ、あまり自分で交換することはないかと思いますが、気分もすっきりしてかなりお勧めです。

長く使う Let’s Note なので、ご参考までに。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply