ノートパソコンのキーボード故障を直すには?

お使いのノートパソコンのキーボード(読み:キーボード・きーぼーど)が
突然、ボタンを押しても操作できなくなったり
うっかり上に水や飲料をこぼしてしまった時の対処方法について。

まず、ノートブックPCはご存知、デスクトップパソコンとは違いキーボードが
外部接続機器ではなく、本体と一体になっていますので
操作トラブルなどの異常が起きても予備のものに取り替えればよい、
というわけには簡単にはいきません。

そのため、普段から汚れや水分が付着しないように注意して
取り扱う必要があるのですが、それでも長く使っていると次第に
埃やごみが付着したり、ボタン操作に支障が出てくる事もあります。

PCキーボード部分を汚さないためには、シリコン製の専用カバーを
付着させる事でこまかな汚れや水分をある程度はじく事ができます。

汚れの掃除を行われる際には、まず電源を抜いて、上下さかさまに反して
本体に衝撃を与えない程度に軽く揺らしてみて下さい。デスクトップ用の
製品と同じく小さなごみが落ちてきます。

その後で刷毛で軽く掃いたり、乾いた布で汚れを拭き取ってください。

キーの一つ(キートップ)がタイピング中や持ち運び中に外れてしまった場合は、
はめ込み部分が折れてたりしなければ上からはめ直して元に戻せます。

キーが割れてしまったり外れてしまってくっつかなくなってしまった場合、
または完全に操作が出来なくなったら、メーカーまたは販売店の保証期間内
でしたら無償で修理交換してもらう事ができます。

しかしもしすでに保証期間が切れてしまった場合は、
PC販売ショップで機ノートPC用のパーツを購入して、自分でネジを外して
付け替えを行う事もできます。

ただ、タイピング操作ができない=キーボードの故障とも限りませんので、
パソコン修理サービスに一度見てもらった方がより確実に原因が特定できます。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply