機種別ノートパソコンのキーボード型番情報

ノートパソコンのキーボードってどこに売っているのかなあ?どうやって取り替えたらいいのかなあ~と考えたことがありませんか?ノートパソコンのキーボードってネットでは簡単に入手できますが、必ずしも自分の欲しいものがあるとは限りません。
もちろん、联想の修理センターへ持って行けば有償で取替え可能ですので、自分で交換することがご不安であれば、必ず専門家の方に頼んでください。ただ、テクノロジーの進化はパソコンの構造まで簡単にしてしまい、個人でも簡単に交換可能になってしまいました。設計者はユニット式の構造にすることで、サービスセンターの効率も向上するようにしましたが、それが市場ではパーツさえあえば、個人でも交換可能な構造にしてしまったわけです。これが、うれしいことなのか?悲しいことなのかは、個人の考え方次第です。メーカー品なので、専門家に修理を頼むが一番良いことですが、これだけデフレが加速すると、金額次第では自分でやらざる得ない場合もあります。また、何よりサービスセンターに修理に出せない・・・という理由で多いのが「個人情報の関係でパソコンをセンターに預けるのは不安」ということがあります。PCキーボード各メーカーで個人情報漏えいが発生していますし、大手カード会社では社員が顧客情報を売っていたという例もあります。既に人間の心はモラルでは語りきれないところまでに行っているのかもしれませんね。これは偶然ではなく、必然的に個人修理ができるようになったのかもしれません。
これだけ個人情報の取扱いに注意しなければならない時代でも、やはり漏れてしまう。であれば、自分で守らないとダメなんですよね。
即ち、「個人情報は持ち出さない、渡さない、預けない、見せない」

このページは私が暇な時間を利用して、キーボード交換に必要な情報を集めました。中にはメーカー部品型番で販売されてあるショップもありますが、「互換キーボード」もいろいろ出回っています。型番が違っても、取り付け可能なキーボードもありますし、海外製機種でも可能な場合があります。全てを実験するのは難しいので、友人からの情報や、ダイナブックネットワークの情報(サイト閲覧者)、その他自分で実験したものもあります。その情報を纏めて掲載しておきます。ただ、私も人間なのでミスがあります。できれば、下記表は参考程度にして頂ければ幸いです。
下記表にある販売先などについては一切関係ありませんので、クレームその他、確認事項については該当のショップ担当者様へ必ず確認ください。稀にクレームを言ってこられる方がいますが、何の保証もできませんので、くれぐれもご自身のご判断でお願いします。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply