ノートパソコンのキーボード修理方法について考えるキーが外れてしまったら?

ノートパソコンのキーボードのキートップが取れてしまうことと言うのは案外多いものです。
ノートパソコンを使った人ならキートップが外れた経験は殆どの人があるのではないでしょうか。
タイピングしているだけでキートップが突然外れる事もがありますしね。
ノートパソコンのキーボードの構造上キートップが外れてしまうというのは仕方が無い事です。
ノートパソコンのキーボードはパンタグラフ方式という構造になっています。
違うものもありますが大方この方式です。名前で分かるかもしれませんが電車のパンタグラフと同じ構造です。
外れて取れたキートップの裏側にパーツが二つ、組合わさっているのが見えます。
このパーツが電車のパンタグラフと同じ動きをします。
このパンタグラフの部品にある小さな突起部分が本体側の部品にはまって取り付けられています。
キートップが取れて外れたなら、はめれば良いのですが、この突起部分を見てください。折れていませんか?
この突起が折れて取れていたら、そのキートップを元通りはめる事は出来ません。
かなり小さな突起なのでとても折れやすいです。
さてではこのキートップをどうしたら良いかと言うことですが、新しいキートップを手に入れれば良いですが、
キーだけ手に入れるのはなかなか難しいです。
同系統のノートパソコンからキートップだけ取ってくる方法もありますが、
そうそう都合よく同じようなパソコンがある事は少ないでしょう。会社で大量に購入しているのならば
あるかもしれませんが個人では難しいでしょう。
しかも、キートップを外す時にそちらまで壊してしまったらどうしようもありません。
それならばpcキーボードを丸ごと換えてしまった方がいいかもしれません。

This entry was posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply