Monthly Archives: July 2014

PCの「キーボード」を掃除する方法

年末に大掃除をするなら、毎日使い続けていたパソコンもキレイにしておきたいですよね。中でも細かいゴミや手垢が付いて、思った以上に汚れているのが「キーボード」です。今回は、そんなキーボードの上手な掃除方法をご紹介します。 今回は汚れの段階に合わせて、セロハンテープなど身近なもので手軽にできる掃除の方法、専用の便利グッズを使う方法、キーを外して丸洗いする方法をご紹介します。 簡単な方法としては、デスクトップ型のパソコンの場合、キーボードを裏返して軽くパンパンと叩いてゴミを落とすやり方もあります。(その際は、強く叩きすぎないよう気を付けます。) 専用のお掃除グッズを使う 上記のような方法では取りきれない!という人に、続いては専用のお掃除グッズを使う方法です。 スプレー キーボードのお掃除グッズとして定番なのが、エアー噴射でゴミを吹き飛ばしてくれるスプレーです。届きにくい隙間に詰まったゴミにも効果的。 ジェル また最近注目を集めているのが、まるでスライムのようなジェルタイプのクリーナー。キーボードに押しつけることで、隙間のゴミをくっ付けて取ってくれます。 ブラシ 定番のブラシ。静電気でゴミを集めるタイプもありますが、こちらは細かいゴミが付着しやすいシリコン素材なので、こびり付いた汚れもかき出しやすくなっています。 キートップを外してまるごと洗う 最も効果的なのは、全てのキートップを一旦外してまるごと洗ってしまう方法。奥の隙間に入り込んだゴミや汚れまで徹底的に掃除するなら、こちらがオススメです。 準備するもの 洗面器 食器洗い用の洗剤 掃除用スプレー(エアーダスター) 洗濯ネット キートップ引き抜き工具 綿棒 あったほうが便利なもの ティッシュ デジタルカメラ ドライバー 新聞紙 タオル   1.キーボード全体をデジカメで撮影します 後でキートップを元に戻す時に、配列が分かりやすいようにするためです。 2.キートップを引き抜きます。 「キートップ引き抜き工具」を真上から挟むようにして隙間に差し込み、キートップを引き抜きます。    3.キートップを洗剤で洗います。 キートップを洗濯ネットに入れ、洗面器の中で洗剤を付けて洗います。汚れの落ち具合を確認しながら、こすり洗いします。 4.キートップを乾かします。 まずはタオルで拭き、広げて自然乾燥させます。水分が残っていると故障の原因になるので、充分に乾かします。 5.キーボード本体のゴミを取り除きます。 キートップを乾かしている間に、エアーダスターや綿棒、ティッシュなどを使ってキーボード本体のゴミを取り除きます。 6.キートップを元に戻します。    … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

キーボードの使い方(上)

文字を記述するのか、数値データを計算するのかにかかわらず、キーボードはコンピューターに情報を入力するための主要手段です。さらに、キーボードを使って、コンピューターを制御することもできます。いくつかの簡単なキーボード コマンド (コンピューターへの命令) を知っていれば、より効率的に作業できます。ここでは、キーボードの基本的な操作とキーボード コマンドの初歩について説明します。 キーの構成 キーボードのキーは、その機能に応じていくつかのグループに分かれます。 入力 (英数字) キー。従来のタイプライターと同じ文字キー、数字キー、句読点キー、および記号キーで構成されています。 コントロール キー。これらのキーを単独で使用するか、または他のキーと組み合わせて使用して、特定の操作を実行します。最も頻繁に使用するコントロール キーは、Ctrl キー、Alt キー、Windows ロゴ キー Windows ロゴ キーの画像、および Esc キーです。 ファンクション キー。特定の操作を実行するときに使用します。ファンクション キーには、F1、F2、F3 というように、F12 までのラベルが付いています。これらのキーの機能はプログラムによって異なります。 ナビゲーション キー。ドキュメントや Web ページ内を移動するときや、テキストを編集するときに使用します。ナビゲーション キーには、方向キー、Home キー、End キー、PageUp キー、PageDown キー、Del キー、および Ins キーがあります。 テンキー。数値をすばやく入力できる便利なキーです。これらのキーは、従来の電卓や計算機と同じ配列で、1 … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

キーボードの使い方(下)

ナビゲーション キーの使用 ナビゲーション キーを使用して、カーソルを移動したり、ドキュメントや Web ページ内を移動したり、テキストを編集したりできます。以下の表に、これらのキーの一般的な機能をいくつか示します。 テンキーの使用 テンキーには、0 ~ 9 の数字、算術演算子 + (加算)、- (減算)、* (乗算)、および / (除算)、そして小数点が電卓や計算機と同じように配置されています。もちろん、これらの文字はキーボード上の他のキーにも割り当てられていますが、テンキーを使用すれば、数値データや数学演算を片手ですばやく入力できます。 テンキーを使用して数字を入力するには、NumLock キーを押します。ほとんどのキーボードには、NumLock のオン/オフを示すランプが付いています。NumLock がオフの場合、テンキーは第 2 のナビゲーション キーとして機能します (各キーに割り当てられている機能は、キー上の数字または記号の横に表示されています)。 テンキーを使用すれば、電卓で簡単な計算を行えます。 その他 3 つのキー 上記では、キーボード上のほとんどすべてのキーについて説明しました。さらに、ここではあまりなじみのない 3 つのキー、PrintScreen キー、Scroll Lock キー、および Pause/Break キーの機能を確認します。 PrtScn (PrintScreen) ずっと以前、このキーには、印字されているとおりの機能 … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

キーボードの掃除の仕方について(下)

3.キートップを中性洗剤で洗う 次に、引き抜いたキートップを洗います。 洗う際には洗濯ネットに入れて洗う事をおすすめします。 洗濯ネットに入れることによって、キートップ同士がこすりあって汚れが落ち、 またキートップが紛失するのを防ぐことができます。 汚れの落ち具合を確認しながら、こすり洗いしましょう。 4.キートップを乾かす 洗ったキートップを乾かします。 電気製品なので、少しでも水分が残ったままだと危険です。 入念に乾かしましょう。 まずは、タオルを使って水分をふき取るのが良いでしょう。 あとは、このように広げて自然乾燥させます。 この日は天気が良かったので、車のボンネットの上で乾かしました(笑) キートップの乾かし方には、「洗濯ネットにいれた状態で脱水機にかける」 「ドライヤーで乾かす」などの方法もあります。 5.キーボードのほこりを取る キートップを乾かしてる間に、キーボード本体のほこりを掃除しましょう。 普段は手が届かない所なので、このようにかなりほこりがたまっています。 まずは、エアーダスターでほこりを吹き飛ばします。 次に、細かいところは綿棒やティッシュを使って掃除しましょう。 基本的には、これらだけで十分きれいになります。 6.キートップを元の位置にはめ込む キートップが完全に乾いたのを確認して、元の位置にはめ込みます。 デジカメで撮った写真を見ながら元に戻しましょう。 注意するのは、例えばCtrlキーやShiftキーなどが、キーボードによってはほぼ 同じ大きさのため、間違って逆にはめ込んでしまう場合があります。 これらのキーは、一度はめこんだ後、実際にそのキーを指でたたいてみて、 問題がないかどうかチェックしましょう。 元と逆にはめ込んでしまうと、スムーズにキーがたたけない場合があります。 また、十字キーですが、まずは4つを取り出して、写真のように並べましょう。 ポイントは、キートップの傾斜です。手前の方が大きく、奥の方が 小さくなっています。 すべてはめこんで完成です! キーボード掃除完了! 以上でキーボードの掃除は完了です! キーボードの掃除は、想像よりも簡単にできちゃいます。 注意するのは、 ○キートップをなくさないこと ○キートップを完全に乾かしてから元に戻すこと ○キートップを戻す位置を間違えないようにすること … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

キーボードの掃除の仕方について(上)

今まさに、あなたは「キーボード」をお使いだと思いますが、 お使いのキーボードは汚れていませんか? キートップの間にほこりが溜まっていたり、よく見ると食べかすが 挟まっていたり・・・ 日頃パソコンを使っていて、パソコンモニターの汚れは掃除しても、 なかなかキーボードの掃除ってしませんよね? そこで当サイトでは、キーボードの汚れの実態から、実際のキーボードの 掃除の仕方について写真付きで説明してきます! 手順をしっかりチェックして、早速キーボードを掃除しましょう! 1.デジカメで写真を撮る まず最初に、デジタルカメラでキーボードを撮影しておきましょう。 「きれいになる前の記念撮影」ではありませんよ(笑) キートップを外してから元に戻す際に、デジカメで写真を撮っておけば、 それを見ながら元に戻すことができます。 キートップはたくさんあるので、何もないと戻すのにかなり苦労します。 2.キートップを引き抜く デジカメでキートップの配置写真を撮ったら、早速キートップを引き抜きましょう。 今回は、こちらの「キートップ引き抜き工具」を使用しました。 キートップを引き抜くには、キートップ同士の隙間がせまいので、指では まず無理です。ですので道具が必要なわけですが、今回は専用の道具を PCショップで購入しました(例えばこちらのショップで購入できます。 またAmazonでも購入することができるみたいです)。値段も数百円で 購入することができます。 それでは、早速キートップを引き抜いていきましょう。 写真のように、キートップの真上から挟むようにして隙間に差し込みます。 「カチッ」と音がすればOK。あとは、真上に引き抜きます。 もしキートップ引き抜き工具がない場合は、かわりとしてドライバーやフォーク などでも大丈夫です。その場合は、てこの原理を利用しましょう。 ただし、一気にやるとキートップが壊れてしまう可能性があるので、 ゆっくりとやりましょう。 途中経過はこんな感じです。 キートップ引き抜き工具を使った場合は、小さいキートップはすべて取れます。 大きめのキートップは、やはりドライバーなどで外しましょう。 大きいキートップの中には、このように針金がついているものがあります。 私のキーボードの場合は、Enterキーとスペースキーでした。 洗う際には針金を外して洗いましょう。 すべて外し終わるとこんな感じです。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

利便性の高いキーのみを表示する省スペースな仮想キーボード「MouseKeySimple」

「MouseKeySimple」はWindowsの画面上にソフトウェアキーボードを表示するソフト。Windows XP/Vista/7/8/8.1に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、本ソフトはWindows XP/Vista/7用とWindows 8/8.1用に別れて公開されており、Windows XP/Vista/7用は動作に.NET Framework 2.0が必要。 「MouseKeySimple」はデスクトップ上にソフトウェアキーボードを表示させるソフト。この表示されるキーが特徴的で、カーソルキーやスペースキー、[PageUp][PageDown]キーや[ESC]キーなど、主にソフトの操作に使われるキーのみが、デスクトップ右端に縦一列で表示される。 タブレットなど、キーボードをもたない端末でWebブラウザーのスクロールや、画像ビューワーでの画像送りなど、文字入力を行う必要はないがキーボードがあれば簡単にできることをしたい、かといって大きなソフトウェアキーボードを呼び出して画面を狭めたくはないという場合などに便利だ。なお、本ソフトの[Full]ボタンを押せば、本ソフトを起動しつつWindows標準のスクリーンキーボードを呼び出すこともできる。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– 迅速!低価格!高品質!■□ 一般的に、発送後、商品の到着まで通常3~7営業日かかります。 弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。 E-mail: order@pckeyboard.jp URL:    www.pckeyboard.jp Tel:      50-6864-8076 Fax: 50-6864-8076

Posted in Uncategorized | Leave a comment