Monthly Archives: February 2013

DELL D505 キーボード交換 分解

DELL D505のキーボードを交換してみました。交換の理由はキーボード不良のため。ノートパソコンの場合、結構な割合でキーボード不良が起きます。壊れる原因で一番多いのが、水やお茶などをこぼしてしまったというもの。他には、いつの間にかいくつかのキーが入力できなくなったとか、キートップがとれてしまったとか・・・ ノートパソコンのキーボードを交換する場合、もちろん交換が容易な機種と容易ではない機種があります。交換が容易というのは、キーボードの取り外し交換が簡単で、かつ適合したキーボードが入手しやすいということです。 なのでキーボード交換が自分でできるかどうかは、 キーボード取り外し交換ができるか?そこまで分解可能かどうか? 適合したキーボードが入手できるかどうか? この2点に尽きます。 私の経験上、取り外し交換が比較的容易でキーボードの入手がしやすい機種・メーカーはNEC、DELL、Fujitsuあたりかと思います。今回はDELL D505でキーボード交換の解説ですが、XP搭載のノートパソコンのキーボード交換ではよくある分解パターンなので、参考になるかと思います。 よくあるパターンとして、キーボード上のカバーを外すことでキーボード取り外しまで至るというもの。NEC、Fujitsu、DELLはこのパターンが非常に多い。カバーのとり方は機種により多少異なりますが、液晶を大きく奥へ広げて作業するとやりやすいです。このキーボード上のカバーは通常下記のD505のようにドライバーを入れる隙間があったりします。 D505の場合、カバーを浮かせて左右にスライドさせながらツメを外します。なんとなく適当にしていると外れました。よくあるパターンとして液晶ヒンジカバーが液晶裏のところにツメで固定されていることがあるので、そういう場合は本体後方のツメを軽く外します。(NEC Lavie)に多い キーボードはたいてい2本のネジで留められているのでこれを外します。 ネジをとったらキーボードを取るのですが、キーボードは一般的に本体側に軽くツメで留められていることが多いです。特にキーボード手前側には必ずといってツメがあるので、軽くキーボードを浮かせ矢印のように上の方に引っ張りながら取り外します。 ひっくり返します。あとはマザーボードとキーボードがケーブルでつながっているのでこれを慎重に外します。キーボード交換で一番集中するところはここです。あとは新しいキーボードに付け替えて終了。キーボードの最終確認はWindowsを起動させメモ帳ですべてのキーを入力してテストしてみる。 補足ですが、今回DELL D505のキーボード交換にあたって、実はD505用のキーボードが入手できませんでした。しかし手元にD600のキーボードがありネットで写真を見比べると形がほぼ一緒でした。唯一の違いがD600にはキーボードの中央にゴム製のポインターがあり、D505にはない。 しかしなんとなく型番も近いし大丈夫だろうと思ってキーボード交換してみたら、問題なく動作しました。ノートパソコンの場合、きちんと適合したキーボードが入手できればそれにこしたことはありませんが、形が一緒で型番が近ければ交換は基本的にいけそうな気がする。 オークションなどでキーボード裏面に記載されている型番や機種名などで検索すると該当するキーボードは見つけやすいです。

Posted in Dell キーボード, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

DELL Latitude E5400 PCキーボードの取り外し

警告:本項の手順を開始する前に、お使いのコンピュータに同梱の、安全にお使いいただくための注意に従ってください。 1、作業を開始する前に手順に従って操作してください。DELLキーボード 2、ヒンジカバーを取り外します(ヒンジカバーの取り外しを参照)。 3、キーボード上部にある 2 本の M2 x 3 mm ネジを外します。 注意:キーボード上のキーキャップは壊れたり、外れたりしやすく、また取り付けに時間がかかります。キーボードの取り外しや取り扱いには注意してください。 メモ:ディスプレイケーブルを引っ張らないように、キーボードを慎重に持ち上げてください。 キーボードの上部にある黒色のプルタブとネジ穴ブラケットを使っ てキーボードを丁寧に持ち上げます。 ディスプレイの方向に引っ張りながら、キーボードをやさしく前後に揺らします。 キーボードをコンピュータから引き出します。 コネクタはキーボードアセンブリの一部で、キーボードを取り外すと、スロットから引き出されます。 1、固定タブ (5)         2、キーボード           3、M2 x 3 mm ネジ (2) 4、プルタブ               5、 キーボードコネクタ DELL Latitude E5400 PCキーボードの取り付け 警告:本項の手順を開始する前に、お使いのコンピュータに同梱の、安全にお使いいただくための注意に従ってください。 メモ:この手順は、取り外し手順が完了していることを前提とします。 注意:キーボード上のキーキャップは壊れたり、外れたりしやすく、また取り付けに時間がかかります。キーボードの取り外しや取り扱いには注意してください。 E5400 キーボードコネクタをコネクタスロットに差し込み、注意しながら 5 … Continue reading

Posted in Dell キーボード, PCキーボード, Uncategorized, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , , | Leave a comment

Aspire one ZG5 キーボードの分解方法

まずは、Aspire one ZG5のACアダプターとバッテリーを取り外します。 これを忘れると作業中にうっかりショートさせてしまってAspire one ZG5がご臨終、となることがあるので気を付けましょう。 Aspire one ZG5の裏面にあった蓋を外します。 中に何か付いているのかと思ったのですが・・・、何も無かった(笑)。 Aspire one ZG5のモデルによっては何か付いているのでしょうか? Aspire one ZG5のキーボードを取り外します。 赤丸の箇所でツメで固定されており、このツメは押すと引っ込むようになっています。 マイナスドライバーなどでツメを押し込んで、キーボードを浮かせて取り外します。 信号線のコネクタは、ロックを外してから引き抜きます。

Posted in ACER キーボード, PCキーボード | Tagged , , | Leave a comment

東芝 DynaBook キーボード 掃除

東芝 DynaBook SS 2010 DS86P/2 東芝のA4モバイルノート、SSシリーズです。スペックは、 まぁまぁですね。(ま、私のノートPCの中では最高スペックですけどね・・・泣) 私の所有するノートPCで初めてのWindowsXPプレインストールモデルです。 Yahoo交換で入手しましたが、TOSHIBA キーボードが汚いので、掃除することにしました。 掃除前のキーボード。き た な い 。 キーをプチプチとはずす。爽快!! 外したキーとゴム。なんか変な感じがしますね~。 キーボードをボウルに入れて、洗浄。水に適当に中性洗剤を入れて、混ぜる。そして、付け置き。 キートップを一つ一つ歯ブラシでこする。特に裏はすごかった。 洗浄後のキートップ。 キーを乾かしている間に、本体も掃除。キーボードをとると、こんな感じ。 裏筐体を取ると、こんな感じ。エアダスターでホコリを払いました。 キーボードを外して、こっちも掃除します。水洗いはさすがに出来ないので、歯ブラシでこするだけにとどめておきます。   あ、いい忘れましたが、ねじを外すときはこういう感じで分けて記録しておくといいです。 はい。洗浄後の東芝 キーボードです。見違えました。 綺麗になりました!起動もしたのでOKです。今回はこの辺です。皆さんもキーの効きが悪くなってきたら、やってみるといいかもです。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

東芝 dynabook Satellite のキーボードを交換

私の会社で使っていた、東芝 dynabook Satellite J60 183S/5 で、幾つかのキーが、押しても全く動作しないという連絡を受けました。 どうやら、ノートパソコンのキーボード自体に、不具合が発生したようです。 詳しく調べてみると、「Xキー」、「Cキー」、「Vキー」の合計3個のキーが、押しても全く動作しないという事が解りました。 今回不具合の発生したSatellite キーボード 取り合えずキーボードを外して、掃除して改善するかどうか試す事にしました。 キーボードの外し方に付いては、「TOSHIBA dynabook TX/430DSKFG のパームレストを外してみる。」と作業方法が同じですので、参考にされて下さい。 最初は、キーボードのキーの隙間に、ゴミ等が混入して、押しても動作しないのかと思い、エアーで細部にまでブローを行ってみたのですが、状態は変わりませんでした。 仕方なく、キーボードを交換する事になりました。 キーボードを本体から外してみて、TOSHIBAキーボードの裏にある型番等を調べてみたところ、下記のようなシールが貼り付けられておりました。 キーボードの裏の型番等 キーボードの裏の型番は、今回不具合が発生したキーボードと、全く同じ型番です。 入手したキーボード裏の型番等

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード | Tagged , | Leave a comment

Toshiba dynabook キーボード掃除 分解 情報

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。TOSHIBA PCキーボード この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 Toshiba キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment