Monthly Archives: July 2012

ノートパソコンの修理についてキーボードの修理

ノートパソコンの修理などというと、液晶モニタかキーボードの修理が多いような気がします。 もちろん他にも修理を要する故障も起きるでしょうが、経験上これらが多かったです。 ノートパソコンを修理する場合SONYのVAIOやNECのノートパソコンなどには そのメーカー特有のクセがありますので自分で修理するには向かないような気がします。 デスクトップパソコンなどは大体どこのメーカーであっても組み方に大差はないですが、 ノートパソコンはメーカーごとにいかに小さく頑丈で使いやすい物を作ろうと日々考えられているものです、 ですからその媒体の組み方もメーカーごとのものになっているのです。まるでパズルみたいに複雑に組まれているものもあります。 ですから、保障期間の中であるならばもちろんですが、保障期間が切れていたとしてもなるべくメーカー修理を依頼した方が良いと思います。 ただ、保障期間が切れている場合は有償修理になりますので、それなりにお金がかかります。 そういった場合は割安な修理業者にノートパソコン修理を依頼するのもやむをえないのですが、 修理業者も純正部品をメーカーから調達しますので、結局ノートパソコンのメーカーに修理を頼むのが安心かつ安全な気がします。 ただし、キーボードの交換は簡単にできますので自分で修理することをお勧めします。 キーボードは消耗が激しい部品ですので故障する事が多いです。 これをいちいち修理に出していてはきりがありません。 なるべく自分で交換したほうが時間もお金も節約できると思いますよ。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

ノート パソコン キーボード 故障時の対処法

ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、動かない時には掃除を ノートパソコンを使っているとキーボードの修理が必要な時がよくあります。 デスクトップ型パソコンならばキーボードを交換すればよいですが、ノートパソコンのキーボードはすぐに交換するわけには中々いきません。 外付けのキーボードを接続して使っている人もいるようですが、ノートパソコン用のキーボードであっても少々場所をとります。 キーボードが打てないとか動かなくなったとかそういう事がたまにあります。 打てない、動かないというのはキートップの下にゴミが溜まり、そのせいで打てなくなったという事があります。 ちゃんとキーボードの掃除をしていますか、あまり掃除をしていないという場合は、ノートパソコンを持ってそのままひっくり返し少し振ってみてください。 想像以上のゴミ、ホコリが落ちて来ます。その後ハケなどでキーの間を掃除してみましょう。 それだけどまた動くようになる事もありますから。 ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボード修理、キートップの破損 ノートパソコンのキーボードのキーが外れて困ったと言う方結構多いですねえ。 タイピングしているとキーの部分が突然外れたという経験のある方結構いらっしゃるんではないでしょうか。 こ れは構造として外れるようになっているので仕方が無い事です。ノートパソコンのキーボードはその多くがパンタグラフ方式というものになってます。取れてし まったキーの裏側を見ると分かるかもしれませんが二つのパーツが組合わさっていると思います。そのパーツが展開する様子が電車のパンタグラフのようなんで す。 このパンタグラフに付いている二つの突起部分がパネル側に取り付いています。 ですからちょっと力をこめて外れたキーをパネルに押し付ければはめるですが、前述の突起の部分を見てみてください。突起が折れてしまったていたら、はめる事は出来ません。 キートップそのものを交換するしかないのですが キートップだけの入手はなかなか困難なようですね。 同じ機種のノートパソコンのキーボードから持ってくるという方法もありますが、わざわざそんなことをするならばキーボードを丸ごと交換した方が早いです。 ノートパソコンのキーボード故障対応法 キーボードの修理、キーボードの交換 ノートパソコンのキーボード修理、この場合は修理と言うより交換なのですが、 保障期間、購入から大体1年~3年ぐらいだと思いますが、それならばメーカーでキーボード修理交換を頼めばいいですね、しかし保障期間が切れていたらどうすれば良いのか? ノートパソコンのキーボード交換ぐらいならば、業者に修理を頼むぐらいなら 自分で修理した方が良いです。 ノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっています。 ちょっと昔に比べるとさらに外しやすくなってます。 昔は媒体裏側のねじを数本外し、表のカバーを外してそしてフラットケーブルを外し、 それから交換と多少の手間がかかりました。 しかし最近のノートパソコンのキーボードは分解、外しやすくなってます。 キーボード側のカバーを外し、キーボードを留めてしるのねじを外せば後はケーブルを外すだけで、 キーボードの取り外しが出来ます。 交換用のキーボードはノートPCの型名がわかれば入手する手段は幾らでもあります。 入手出来たのならば自分で修理して見てはどうでしょうか。

Posted in Uncategorized | Tagged | Leave a comment

ノートパソコンのキーボード修理方法について考えるキーボードを交換するには?

ノートパソコンを使用中突然キーボードのキーが外れたことはありませんか?まさかそのままあきらめてテープで貼っちゃたりしてませんか?そんなノートパソコンのキーボードの修理方法、故障時の対応方法、キーボードの交換方法などをお伝えしようと思います。 ノートパソコンのキーボード修理方法、交換方法についてですが、 保障期間は大体1年から3年ぐらいが無償での交換期間になっていると思います。この期間なら使用パソコンのメーカーのサポートに問い合わせをして、キーボード交換を依頼すれば問題ありません。 しかしこの保障期間が切れていたら、多少割高になるかもしれませんが使用パソコンのメーカーでの有償修理か、一般のパソコン修理の業者に頼むという方法があります。 しかし私はノートパソコンのキーボード交換をパソコンの修理業者に頼むのはお勧めしません。修理業者に頼むぐらいなら、自分でやっていまった方が作業代が浮きそれだけ安上がりです。 今時のノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっていますので。 ちょっと前のノートパソコンのキーボードは本体全体を分解しなければいけないものや、ノートパソコン本体の裏面から螺子を何本も外し、表面のカバーを外し、やっとキーボードが外せるようになるなどととても大変でした。 でも今のノートパソコンのキーボードは非常に外しやすくなってます。 以前のように何本も螺子で止まっているという事はありません。 それに、ものによっては螺子が全くないものもあります。 交換用のキーボードはメーカーに問い合わせれば有償で取り寄せることができます。修理業者もキーボードはメーカーから取り寄せているようです。 仮に、メーカーにキーボードの在庫が無く取り寄せができなかったとしてもオークションサイトで新品のキーボードや中古品が多数出品されています。 ノートパソコンのキーボードを入手する事が出来るのならばキーボードの交換は自分で交換したほうが良いと思いますよ。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

ノートパソコンのキーボードの交換方法

海外に行った直後に、激しくビールを噴いてしまった レッツノート(CF-T5) 。帰国したらキーボードを交換しようと思っていたので、実際にやってみました(キーも一つ壊れてるし)。 (関係ないですが、パームレストの黒ずみ、どうやったら綺麗になるんでしょうね) 毎日使ってるパソコンなので、引き取り修理に出したくなかったのと、自分で内部の掃除もしたかったので「部品を取り寄せて自分で交換」することにしました(というか、基本分解好き)。 パナソニックの修理センターに電話すると、「引き取り修理」が基本ながら、***(以下非オフィシャルなやり取り)***、ということで、部品を購入できることに。 予約して2日程で近くのパナソニック修理センターから電話があり部品を調達。税込み3,750円。 ローマ字刻印のないものも選べた、ということに後で気づいて orz。 ※以下、分解は自己責任でお願いします ということでキーボード交換。以下の手順は CF-T4, CF-T5 専用です。 まず、バッテリーを取り外します。 キーボードとめ具を丁寧に取り外します。 精密ドライバーで、ネジを 4箇所外します。外す場所は部品の裏面と照合すればすぐわかります。 幸いネジの形状はすべて同じなので、混ぜても安心。 この状態でディスプレイを開き、バッテリ箇所の格子状の隙間から指で上に押すとキーボードが浮き上がります。 うわー、やはり飲み物のねっちょり感が残ってます・・・ ということで、丁寧に掃除。良く壊れずに耐えてくれたものです。 掃除が終わったら、新しいキーボードを接続。端子は放熱板の裏にあります。コネクターを引き出して端子を入れ、最後にきっちりとコネクターと閉めます。 あとはテキパキと元に戻して完成。 キーボードは右側にツメがあるので、右下に押し込んで閉じるようにします。 完成。 いやー、交換してわかりましたが、キーボード、やはりへたっていたんですね(あと飲み物こぼした影響も多々あり・・)。 キーのテカリもなくなり、タッチもフィーリングもとても良くなりました。すばらしい。 キーボード交換自体はたった5分ほどの作業です。(このエントリを書く方が時間がかかりましたw) まぁ、あまり自分で交換することはないかと思いますが、気分もすっきりしてかなりお勧めです。 長く使う Let’s Note なので、ご参考までに。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

ノートパソコンのキーボード故障を直すには?

お使いのノートパソコンのキーボード(読み:キーボード・きーぼーど)が 突然、ボタンを押しても操作できなくなったり うっかり上に水や飲料をこぼしてしまった時の対処方法について。 まず、ノートブックPCはご存知、デスクトップパソコンとは違いキーボードが 外部接続機器ではなく、本体と一体になっていますので 操作トラブルなどの異常が起きても予備のものに取り替えればよい、 というわけには簡単にはいきません。 そのため、普段から汚れや水分が付着しないように注意して 取り扱う必要があるのですが、それでも長く使っていると次第に 埃やごみが付着したり、ボタン操作に支障が出てくる事もあります。 PCキーボード部分を汚さないためには、シリコン製の専用カバーを 付着させる事でこまかな汚れや水分をある程度はじく事ができます。 汚れの掃除を行われる際には、まず電源を抜いて、上下さかさまに反して 本体に衝撃を与えない程度に軽く揺らしてみて下さい。デスクトップ用の 製品と同じく小さなごみが落ちてきます。 その後で刷毛で軽く掃いたり、乾いた布で汚れを拭き取ってください。 キーの一つ(キートップ)がタイピング中や持ち運び中に外れてしまった場合は、 はめ込み部分が折れてたりしなければ上からはめ直して元に戻せます。 キーが割れてしまったり外れてしまってくっつかなくなってしまった場合、 または完全に操作が出来なくなったら、メーカーまたは販売店の保証期間内 でしたら無償で修理交換してもらう事ができます。 しかしもしすでに保証期間が切れてしまった場合は、 PC販売ショップで機ノートPC用のパーツを購入して、自分でネジを外して 付け替えを行う事もできます。 ただ、タイピング操作ができない=キーボードの故障とも限りませんので、 パソコン修理サービスに一度見てもらった方がより確実に原因が特定できます。

Posted in キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment