Category Archives: IBM キーボード

キーボードカバーを取り付けて防塵対策

デスクトップパソコンに使用する「キーボード」は、 使った後で閉じるノートPCのキーボードと違って机の上のディスプレイ前あたりに ずっと置いたままで普段から使う事が多いので、どうしても汚れやすくなりますね。TOSHIBA PCキーボード 手の指の脂が付きやすいだけでなく、何もしなくても空気中の埃や小さな塵、 机の上の細かいごみなどがキーの間部分や溝に付着していきます。 なので定期的にキーボードは掃除しなければならないのですが、 キー一つ一つの間にくっついた汚れを取っていくのは割と大変な作業で、 またキーの溝の下部分に落ちたごみや埃は除去しづらい点もあります。 また、うっかり飲み物をキーボードの上に零してしまうと故障するおそれがあり、 壊れなくても色素や臭いが定着してしまったり、不衛生な状態になりがちです。 それらの汚れを防ぐために、キー部分に透明の保護用シートを貼り付ける 「キーボードカバー」(keyboard cover)という防塵対策のOAサプライ製品が パソコンショップや電気店で販売されている事をご存知でしょうか?SONY PCキーボード 主な製品 ・ERECOM:デスクトップ用ピタッとシートSUPER ・ERECOM:キーボード防塵カバー/大型ノートタイプ PKU-FREE4 ・ロアス:キーボード防塵カバー 半透明 KSL-FREE2 ・SANWA SUPPLY:FA-MULTI2N キーボードマルチカバー ・moshi:clearguard (JIS) MacBook等対応日本語キーボードカバー デスクトップ用だけでなくノートパソコン用のカバーもあり、 また製品によってはあらゆる電子機器のキーボードやコントローラーの保護に 対応できる防塵対策シート等もあります。 上の写真のように、透明で軽い粘着力を持った保護シートを剥離紙から剥がして、 そのままキーボードにぺたっと貼り付けて使います。 ビニールシート状の製品は、お使いのキーボードの大きさに合わせて はさみかカッターでカットして使用します。 NECなどメーカー製品専用の、プラスチックタイプのキーボードカバーもあります。 こちらは指定のキーボードにしかサイズが合わないので、購入の前にご注意下さい。LENOVO PCキーボード 保護シートを取り付けて使うと、全ての汚れやごみ、埃の付着と沈殿を防ぐ事が出来ます。 … Continue reading

Posted in IBM キーボード, PCキーボード, sonyキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

IBM キーボードの分解清掃

使用頻度の多い「変換」キーが引っかかるような感じで、動きが悪くなったので分解して清掃することにした。 IBM キーボードを分解するのは初めてだが、意外に簡単だった。 裏側に付いている数個のネジを外すと分解できた。 内部の構造は、接点とパターンが印刷されたフィルムの上にドーム状のラバーが乗っかっている。 キートップを押すことによって、キー毎にあるラバーの突起がフィルム上の接点を押す仕組みになっている。 清掃のために、キートップを引き抜く。 専用工具がなくても大丈夫だ。 小さなマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げるようにすれば外せる。 キートップの下には、綿ぼこりやらお菓子の小さな破片が入りこんでいた。 中性洗剤を付けた柔らかいブラシでゴシゴシと洗う。 充分に水洗いした後で乾燥させてから組み立てる。 キートップを外す場合は、機種によって配置が異なる部分があるので元に戻す際に困らないように事前にデジタルカメラで撮影しておくことをお奨め! 動きの悪かったキーの動きも正常に戻り、キーボードは綺麗になった。 パート2 IBM Aptivaで使っていたキーボード(KB-8920)も清掃することにした。 こちらは、分解に少々手こずってしまった。 キーボード裏のネジを全部はずしても何かが引っかかっているようでカバーが外れないのだ。 WEBで検索してみたが、該当する型番のキーボード分解に関する情報は見つからなかった。 諦めてキートップを外すことにした。 なんと、キートップの下に隠しネジ(4個)があったのだ。 これでカバーを開けることができた。 キーボード表カバーに子供が鉛筆でイタズラ書きした部分は、消しゴムを使うとキレイに落とすことができた。 汚れているキートップも洗浄して、見違えるほどに綺麗になった。 キーボードに関するリンク集 http://www.pckeyboard.jp

Posted in IBM キーボード, PCキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment