Category Archives: TOSHIBA キーボード

東芝 dynabook T451 キーボード交換修理

発売当時のdynabookシリーズの普及向けモデル、T451シリーズです。CPUやBD,HDD容量などでかなりのラインナップがあり、好みのものを選べるようになっているのが特徴的です。 分解時はHDDやDVDといったパーツへのアクセスは非常に簡単に出来る様になっています。 尚、撮影機種はT451/46EWです。 1.キーボード背面ネジを外す 本体を裏返し、バッテリーを外します。 のネジ(+1ドライバー/長さ5.7mm)を外します。 ※下部の小さい写真が有る場合、カーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。 2.キーボードを外す(1) キーボード上のカバー部品を外します。 箇所にツメがありますので、ツメの無い部分にヘラを入れて少し持ち上げます。 次に手でカバー部品を持ち上げながら、ヘラでツメを外していきます。 箇所(ボトムカバー黄色ネジがあった箇所)付近から外し始めると外しやすいです。 3.キーボードを外す(2) のネジ(+1/長さ3.7mm)を外し、キーボードを画面側から起こすようにして取り外します。(フラットケーブルで繋がっているので完全には取れません) 箇所(トップケース側)にツメがありますので気をつけて取り外しましょう。 特に下のツメが外しにくいので注意しましょう。キーボード自体を画面側にスライドするように動かすと取れる場合もあります。 ケースから外れたら、裏返しの状態で手前側に置きます。 4.キーボードを外す(3) キーボードとマザーボードを接続しているフラットケーブルを外します。 箇所コネクタのラッチを開けるとフラットケーブルが外れます。 矢印方向からヘラなどで上に開くように開けて下さい。 写真1枚目が閉じた状態、3、4枚目が完全に開いた状態です。 5.キーボード取り外し完了 これでキーボードの取り外しが完了です。お疲れ様でした。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– 迅速!低価格!高品質!■□ 一般的に、発送後、商品の到着まで通常3~7営業日かかります。 弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。 E-mail: order@pckeyboard.jp … Continue reading

Posted in TOSHIBA キーボード | Tagged | Leave a comment

Toshiba dynabook AX53/C 分解

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。 この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。 ポイントは4ヶ所です。それぞれの枠で示しています。まず光学ドライブを外すために、赤枠のネジを抜きます。 強制イジェクトさせ、引き抜くと簡単に取り出すことができます。 次に液晶ケーブルと無線ケーブルを外します。 液晶を外すためには、液晶を支えている左右2本、合計4本のネジを抜きます。 液晶を取り外した様子。ケーブルなどをうまく取り外し、液晶を上に持ち上げる感じですると比較的簡単に取り外せます。 次に黒の底面の土台と白いカバーを切り離すのですが、左手前のPCカードスロットあたりから爪を外していくのが一番やりやすいかと思います。 全体に爪がかかっています。慎重に少しづつ力を入れていくと持ち上がります。 分離させた様子。マザーボードに到達しました。 CPUファンはヒートシンクとはつながってないので、ネジ2本と電源ケーブルを抜くことで取り外すことができます。 今回、AX53/Cを分解したのは、CPUファンが回らず、熱暴走で電源が落ちるというのがきっかけでした。CPUファンを取り外し確認したとこ ろ、かなり大きな埃の塊がありこれがCPUファンの回転を妨げていました。取り除くことでCPUファンの回転は正常に回復しました。 … Continue reading

Posted in TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードの知識, キーボードの種類・構造 | Tagged , , , , | Leave a comment

キーボードカバーを取り付けて防塵対策

デスクトップパソコンに使用する「キーボード」は、 使った後で閉じるノートPCのキーボードと違って机の上のディスプレイ前あたりに ずっと置いたままで普段から使う事が多いので、どうしても汚れやすくなりますね。TOSHIBA PCキーボード 手の指の脂が付きやすいだけでなく、何もしなくても空気中の埃や小さな塵、 机の上の細かいごみなどがキーの間部分や溝に付着していきます。 なので定期的にキーボードは掃除しなければならないのですが、 キー一つ一つの間にくっついた汚れを取っていくのは割と大変な作業で、 またキーの溝の下部分に落ちたごみや埃は除去しづらい点もあります。 また、うっかり飲み物をキーボードの上に零してしまうと故障するおそれがあり、 壊れなくても色素や臭いが定着してしまったり、不衛生な状態になりがちです。 それらの汚れを防ぐために、キー部分に透明の保護用シートを貼り付ける 「キーボードカバー」(keyboard cover)という防塵対策のOAサプライ製品が パソコンショップや電気店で販売されている事をご存知でしょうか?SONY PCキーボード 主な製品 ・ERECOM:デスクトップ用ピタッとシートSUPER ・ERECOM:キーボード防塵カバー/大型ノートタイプ PKU-FREE4 ・ロアス:キーボード防塵カバー 半透明 KSL-FREE2 ・SANWA SUPPLY:FA-MULTI2N キーボードマルチカバー ・moshi:clearguard (JIS) MacBook等対応日本語キーボードカバー デスクトップ用だけでなくノートパソコン用のカバーもあり、 また製品によってはあらゆる電子機器のキーボードやコントローラーの保護に 対応できる防塵対策シート等もあります。 上の写真のように、透明で軽い粘着力を持った保護シートを剥離紙から剥がして、 そのままキーボードにぺたっと貼り付けて使います。 ビニールシート状の製品は、お使いのキーボードの大きさに合わせて はさみかカッターでカットして使用します。 NECなどメーカー製品専用の、プラスチックタイプのキーボードカバーもあります。 こちらは指定のキーボードにしかサイズが合わないので、購入の前にご注意下さい。LENOVO PCキーボード 保護シートを取り付けて使うと、全ての汚れやごみ、埃の付着と沈殿を防ぐ事が出来ます。 … Continue reading

Posted in IBM キーボード, PCキーボード, sonyキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

東芝 DynaBook キーボード 掃除

東芝 DynaBook SS 2010 DS86P/2 東芝のA4モバイルノート、SSシリーズです。スペックは、 まぁまぁですね。(ま、私のノートPCの中では最高スペックですけどね・・・泣) 私の所有するノートPCで初めてのWindowsXPプレインストールモデルです。 Yahoo交換で入手しましたが、TOSHIBA キーボードが汚いので、掃除することにしました。 掃除前のキーボード。き た な い 。 キーをプチプチとはずす。爽快!! 外したキーとゴム。なんか変な感じがしますね~。 キーボードをボウルに入れて、洗浄。水に適当に中性洗剤を入れて、混ぜる。そして、付け置き。 キートップを一つ一つ歯ブラシでこする。特に裏はすごかった。 洗浄後のキートップ。 キーを乾かしている間に、本体も掃除。キーボードをとると、こんな感じ。 裏筐体を取ると、こんな感じ。エアダスターでホコリを払いました。 キーボードを外して、こっちも掃除します。水洗いはさすがに出来ないので、歯ブラシでこするだけにとどめておきます。   あ、いい忘れましたが、ねじを外すときはこういう感じで分けて記録しておくといいです。 はい。洗浄後の東芝 キーボードです。見違えました。 綺麗になりました!起動もしたのでOKです。今回はこの辺です。皆さんもキーの効きが悪くなってきたら、やってみるといいかもです。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

東芝 dynabook Satellite のキーボードを交換

私の会社で使っていた、東芝 dynabook Satellite J60 183S/5 で、幾つかのキーが、押しても全く動作しないという連絡を受けました。 どうやら、ノートパソコンのキーボード自体に、不具合が発生したようです。 詳しく調べてみると、「Xキー」、「Cキー」、「Vキー」の合計3個のキーが、押しても全く動作しないという事が解りました。 今回不具合の発生したSatellite キーボード 取り合えずキーボードを外して、掃除して改善するかどうか試す事にしました。 キーボードの外し方に付いては、「TOSHIBA dynabook TX/430DSKFG のパームレストを外してみる。」と作業方法が同じですので、参考にされて下さい。 最初は、キーボードのキーの隙間に、ゴミ等が混入して、押しても動作しないのかと思い、エアーで細部にまでブローを行ってみたのですが、状態は変わりませんでした。 仕方なく、キーボードを交換する事になりました。 キーボードを本体から外してみて、TOSHIBAキーボードの裏にある型番等を調べてみたところ、下記のようなシールが貼り付けられておりました。 キーボードの裏の型番等 キーボードの裏の型番は、今回不具合が発生したキーボードと、全く同じ型番です。 入手したキーボード裏の型番等

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード | Tagged , | Leave a comment

Toshiba dynabook キーボード掃除 分解 情報

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。TOSHIBA PCキーボード この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 Toshiba キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

TOSHIBA Satelliteキーボードの交換方法

ではダイナブック・サテライト及びコスミオなどのキーボード交換を写真を使って説明致します。どのページでも言っていますが、あくまでも参考情報ですので、その内容を保証するものではありません。全て自己判断でお願いします。TOSHIBA PCキーボード ※慣れない方はメーカー指定の方法で交換をお願いします。また、慣れた方でもコネクター接続には注意してください。きちんと接続されていなければ入力できないキーが発生するうえ、故障の原因になります。十分確認するようにしてください。 ■Satellite J80 J81 J82 シリーズ TOSHIBA キーボードベゼルの右側面に小さな切れ込みがあります。そこを精密機械のドライバーで空間を開けます。 次に精密ドライバーのマイナスなどでヒンジカバー部分を持ち上げます。 ベゼルが左図のように外れます。 ネジを外します。 赤丸の部分につめがありますので、それを上手に外すとキーボードTOSHIBAが外れます。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

TOSHIBA PCキーボードの交換方法

ではダイナブック・サテライト及びコスミオなどのキーボード交換を写真を使って説明致します。どのページでも言っていますが、あくまでも参考情報ですので、その内容を保証するものではありません。全て自己判断でお願いします。 ※慣れない方はメーカー指定の方法で交換をお願いします。また、慣れた方でもコネクター接続には注意してください。きちんと接続されていなければ入力できないキーが発生するうえ、故障の原因になります。十分確認するようにしてください。 ■dynabook RX1/RX2 シリーズ ※dynabook N10/N11共通TOSHIBA PCキーボード バッテリーなど、各部品を取り外してください。裏面のネジを全て外します。 側面のネジを外します 裏面のカバーが外れます。 赤枠部分のピンを緩めます。 マザーボードに接続しているキーボード用のフラットケーブルを外します。 キーボードは粘着式ですので、ゆっくり剥がしてください。 結構力が必要です。 粘着が全てはがれます。 TOSHIBA キーボード型番:G83C000903JP 強粘着用のシートです。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

TOSHIBAキーボードの入力ができない

はじめに Windows 7で、マウス操作はできるが、TOSHIBAキーボードでの入力ができず、[CapsLock]キーも機能しないことがあります。 このような場合、フィルターキー機能が有効に設定されている可能性があります。 以下の手順で設定を変更してください。 フィルターキー機能とは? 間違えて同じキーを押したままにしてしまった場合などに、入力を無視して誤入力を防ぐための機能です。 操作手順 TOSHIBA PCキーボード [スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コンピューターの簡単操作]→[コンピューターの簡単操作センター]をクリックします。 「コンピューターの簡単操作センター」画面が表示されます。[キーボードを使いやすくします]をクリックします 「TOSHIBAキーボードを使いやすくします」画面が表示されます。”入力しやすくします”項目内の[□ フィルターキー機能を有効にします(I)]をクリックしてチェックをはずし、[OK(O)]ボタンをクリックします。 「コンピューターの簡単操作センター」画面に戻ります。右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。 以上で設定は終了です。 キーボードが入力できるか確認してください。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment

TOSHIBAキーボードが英語キーボードとして認識された場合の対処方法

はじめに Windows XP で、キーボードが英語キーボードとして認識された場合の対処方法について解説します。 Windows XP がセットアップされたコンピュータにキーボードを接続すると、英語キーボードとして認識される場合があります。日本語TOSHIBAキーボードに設定し直すには、次の手順を実行します。 操作手順 [スタート]ボタン→[コントロールパネル]をクリックします。 [プリンタとその他のハードウェア]をクリックします。 [コントロール パネルを選んで実行します]の[キーボード]をクリックします。 [ハードウェア]タブをクリックし、[デバイス]に表示されている英語キーボードの名前をクリックします。次に、[プロパティ] をクリックします。 [ドライバ] タブをクリックし、[ドライバの更新]をクリックします。             [一覧または特定の場所からインストールする (詳細)]をクリックし、[次へ]をクリックします。 [検索しないで、インストールするドライバを選択する]をクリックし、[次へ]をクリックします。 [互換性のあるハードウェアを表示]チェック ボックスをオフにします。次に、[製造元]ボックスの一覧から[(標準キーボード)]をクリックし、[モデル]ボックスの一覧から[日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)]をクリックします。[次へ] をクリックします。 [完了]をクリックします。 [閉じる]をクリックします。 再起動する旨のメッセージが表示された場合、[はい]をクリックするとすぐにコンピュータを再起動します。後で再起動する場合は、[いいえ]をクリックします。                             操作は以上です。日本語キーボードに設定し直されていることを確認してください。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment