Category Archives: TOSHIBAキーボード

Toshiba dynabook AX53/C 分解

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。 この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。 ポイントは4ヶ所です。それぞれの枠で示しています。まず光学ドライブを外すために、赤枠のネジを抜きます。 強制イジェクトさせ、引き抜くと簡単に取り出すことができます。 次に液晶ケーブルと無線ケーブルを外します。 液晶を外すためには、液晶を支えている左右2本、合計4本のネジを抜きます。 液晶を取り外した様子。ケーブルなどをうまく取り外し、液晶を上に持ち上げる感じですると比較的簡単に取り外せます。 次に黒の底面の土台と白いカバーを切り離すのですが、左手前のPCカードスロットあたりから爪を外していくのが一番やりやすいかと思います。 全体に爪がかかっています。慎重に少しづつ力を入れていくと持ち上がります。 分離させた様子。マザーボードに到達しました。 CPUファンはヒートシンクとはつながってないので、ネジ2本と電源ケーブルを抜くことで取り外すことができます。 今回、AX53/Cを分解したのは、CPUファンが回らず、熱暴走で電源が落ちるというのがきっかけでした。CPUファンを取り外し確認したとこ ろ、かなり大きな埃の塊がありこれがCPUファンの回転を妨げていました。取り除くことでCPUファンの回転は正常に回復しました。 … Continue reading

Posted in TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードの知識, キーボードの種類・構造 | Tagged , , , , | Leave a comment

東芝 DynaBook キーボード 掃除

東芝 DynaBook SS 2010 DS86P/2 東芝のA4モバイルノート、SSシリーズです。スペックは、 まぁまぁですね。(ま、私のノートPCの中では最高スペックですけどね・・・泣) 私の所有するノートPCで初めてのWindowsXPプレインストールモデルです。 Yahoo交換で入手しましたが、TOSHIBA キーボードが汚いので、掃除することにしました。 掃除前のキーボード。き た な い 。 キーをプチプチとはずす。爽快!! 外したキーとゴム。なんか変な感じがしますね~。 キーボードをボウルに入れて、洗浄。水に適当に中性洗剤を入れて、混ぜる。そして、付け置き。 キートップを一つ一つ歯ブラシでこする。特に裏はすごかった。 洗浄後のキートップ。 キーを乾かしている間に、本体も掃除。キーボードをとると、こんな感じ。 裏筐体を取ると、こんな感じ。エアダスターでホコリを払いました。 キーボードを外して、こっちも掃除します。水洗いはさすがに出来ないので、歯ブラシでこするだけにとどめておきます。   あ、いい忘れましたが、ねじを外すときはこういう感じで分けて記録しておくといいです。 はい。洗浄後の東芝 キーボードです。見違えました。 綺麗になりました!起動もしたのでOKです。今回はこの辺です。皆さんもキーの効きが悪くなってきたら、やってみるといいかもです。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , | Leave a comment

東芝 dynabook Satellite のキーボードを交換

私の会社で使っていた、東芝 dynabook Satellite J60 183S/5 で、幾つかのキーが、押しても全く動作しないという連絡を受けました。 どうやら、ノートパソコンのキーボード自体に、不具合が発生したようです。 詳しく調べてみると、「Xキー」、「Cキー」、「Vキー」の合計3個のキーが、押しても全く動作しないという事が解りました。 今回不具合の発生したSatellite キーボード 取り合えずキーボードを外して、掃除して改善するかどうか試す事にしました。 キーボードの外し方に付いては、「TOSHIBA dynabook TX/430DSKFG のパームレストを外してみる。」と作業方法が同じですので、参考にされて下さい。 最初は、キーボードのキーの隙間に、ゴミ等が混入して、押しても動作しないのかと思い、エアーで細部にまでブローを行ってみたのですが、状態は変わりませんでした。 仕方なく、キーボードを交換する事になりました。 キーボードを本体から外してみて、TOSHIBAキーボードの裏にある型番等を調べてみたところ、下記のようなシールが貼り付けられておりました。 キーボードの裏の型番等 キーボードの裏の型番は、今回不具合が発生したキーボードと、全く同じ型番です。 入手したキーボード裏の型番等

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード | Tagged , | Leave a comment

Toshiba dynabook キーボード掃除 分解 情報

Tosshiba dynabook Satelite AX53/Cという型番で電源が落ちるというトラブルがありました。 電源の落ち方から熱暴走であることは間違いなく、CPUファンがまったく回転していないことが原因でした。 今回、Toshiba dynabook AX53/CのCPUファンまでの分解をしてみましたので、解説してみたいと思います。TOSHIBA PCキーボード この分解方法が参考にできる機種として、他にAX/54C、AX/55C、AX/52D、AX/53D、AX/54D、AX/55D、AX/57E、AX/55EP、AX/55E、AX/52Eなどがあげられるのではないかと思います。 また同じ筐体・類似の筐体を使用していると考えられるToshiba Dynabookの機種は非常に多く、AXシリーズのハイスペックモデル TXシリーズもそれにあたります。TXシリーズのTX/65D、TX/66D、TX/67D、TX/68D、TX/68E、TX/67E、TX/66EP 、TX/66E、TX/65Eなどです。 dynabookのAXシリーズ・TXシリーズでは参考になると思います。分解難易度は、やや高めです。 Toshiba Dynabook AX53/Cです。CPUはCeleron M、OSはWindows Vista。底面にはSatelite A200シリーズと記載されています。 まずバッテリーを抜きます。HDDとメモリーの場所は、下記の赤枠と青枠です。 HDDはシリアルATAです。赤枠のところにあるテープを左へ引っ張れば外すことができます。メモリーはDDR2 PC-6400です。デフォルトでは512MB×2枚みたいですので、1GB×2枚にしたいところです。増設については、メモリー増設を参考にしてください。 キーボード交換は下記の青枠8本のネジと緑枠のネジ1本、合計9本を抜くことでできます。CPUファンまでの分解はすべてのネジ18本を抜きます。青枠と赤枠のネジの大きさは同じです。緑枠と黄枠は少し小さいネジが使用されています。 キーボード上のパネルを外します。マイナスドライバーなどを使用します。 キーボードとパネルの間、ESCキー、F1キー、F4キー、F8キー、F11キー、INSキー、DELキーの上にそれぞれマイナスドライバーを入れ慎重に押し上げます。手前がすこし浮いてきたら、パネルの淵をたどり爪を外していきます。 パネルが取れた様子です。 キーボードを外すには2本のネジを抜きます。 Toshiba キーボードとタッチパネルのケーブルを抜きます。黒いプラスチックをマイナスドライバーなどでスライドさせて外します。

Posted in PCキーボード, TOSHIBA キーボード, TOSHIBAキーボード, キーボードのメンテナンス, キーボードの知識 | Tagged , , | Leave a comment