Category Archives: Uncategorized

パソコンのキーボードのキーが外れた!戻し方図解(下)

■キー部品がばらばらになってしまった場合の、戻し方 キートップと、キー裏側のはめ込み部品がばらばらになってしまった場合は、別のキーをそっと外し、それを観察しながら元通りに組み立てます。 ・別のキー(めったに使わないキー、戻せなくなっても支障がないキー)を選び、それを丁寧に上に引き抜く。 (戻せなくなることも多いので、自己責任で) ただし、ツメの位置関係は同じキーボード上でも5タイプぐらいあります。このためキーを引き抜いても、別の位置では使えないことがあります。 横から指の爪を差し込むか、ドライバーのマイナス、ハサミの刃先などを丁寧にそっと差し込むと、片面ずつ外れる。精密部品なので、ここで少しでも荒っぽくすると、二度と元には戻らないので注意。 キートップ引き抜き工具も販売されている。 ・裏をよく観察して、その通りに最初のキーの裏を組み立てる。 ・その後に上からそっと押しこんで、元の位置に戻す。 ・キーが元どおりにはまらない場合は、(目視でわからなくても)もう破損しています。 ■キー部分を破損してしまった場合 10の選択肢 いろいろな選択肢を挙げます。 ・上のコラムで観察用に使った「別のキー」など、使用頻度が低いが同じ形のキーを抜いて、最初のキーの位置にはめ込んで代用する。 ただし、ツメの位置関係は同じキーボード上でも5タイプぐらいあります。このためキーを引き抜いても、別の位置では使えないことがあります。 ・簡単な破損ならば、荒っぽいですが瞬間接着剤で固定できるかも。細かい部品なので、先端ノズルが細いものを。ボコボコの部分にぴたり慎重に乗せる。もちろん、元のスムーズな使用感にはなりません。しかし使い込んでいくうちに、なじんでくるでしょう。 ・接着を避けたい人は、上からやわらかいメンディングテープ(補修用テープ)で応急措置的に留めて、使用。 ・あきらめて、↑の赤いポコポコを押すことでキーボードを操作する。使用頻度の低いキーならば、現実的な解決策 ●ここ以下は、コストのかかる選択肢です。 ・キーだけを購入して取替える。一部のメーカーは販売しています。しかし通常は、キートップは一体部品であるためバラでは売っていません(電子情報技術産業協会「PC修理関連Q&A」による) ・(内蔵)キーボード全体を購入して取り替える。メーカーサイトのサポートでサプライをチェック。 パソコンは、メーカー・機種によって、このような交換が容易なものと困難なものがある。ThinkPadは容易になるように設計されている。Vaioは困難。 ・中古パソコン店で同種のキーボードを持つ格安・ジャンクのパソコンを購入、それからキーを引き抜いて、パーツとして使用する ・外付キーボード(有線・無線)を接続して使用する。キーボードの選び方 ↑ノートパソコンのスタンドを使うと、本体のキーボードとぶつからず使用できる。画面を、目によい距離に離しても使用できる。デスクトップパソコンを使用している感覚。 ・あきらめて、有料サポートで修理してもらう。 ・あきらめて、新しいパソコンを購入する。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– 迅速!低価格!高品質!■□ 一般的に、発送後、商品の到着まで通常3~7営業日かかります。 弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。 E-mail: … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

パソコンのキーボードのキーが外れた!戻し方図解(上)

PCキーボードのキートップが突然、はずれてしまった! ポロンと取れてしまって冷や汗。タイプできなくなったが、なんとか自分で修理できないか? もし部品が壊れていなければ、そのまま軽く元の位置ピタリに押し込むと、元通りにカチッとはまり、戻すことができることもあります(あくまで自己責任)。元に戻らない場合の選択肢も多数紹介します。 ■まだ保証期間中の場合は、慎重に! 新品のパソコンなのにキーが外れてしまうこともあります。 サポートに電話すると、保証ではカバーされない、と言われることも。ハードディスクなど内部の異常ではなく「キートップの外れは物理的障害なので保証外となり有償。見積もりが発生します」と言われました(実例)。 → 保証規定に実際に「物理的障害」や「キートップのはずれ」が明記してあるかどうか確認。なければ、通常の使用なのに外れてしまったことを説明。キートップや裏側に破損がまったくなければ、(乱暴な使用ではなく)通常の使用で外れたと認められるはずです。 保証期間中の場合は、破損がなければ保証でカバーされる可能性があるので慎重に。したがって、キートップをまず自分で元の位置に押し込んでみる場合は、ちょんちょんとごく軽く試してみるだけにしておく。戻そうとしてピンが曲がるなど強く押して破損してしまうと、自分で壊したことになり、保証はきかなくなってしまう可能性があるので注意。かすかにピンが曲がっただけで、もう元へは戻りません! 保証期間を過ぎていれば、もう少し大胆になることができます。 ●修理費はどれくらい? 保証外となると修理費は高額。キーボード全体の交換となるでしょう。キーボード部品代、技術費、配送費も請求されます。1万円程度かかるでしょう。Vaioなど、メーカー以外には分解が困難な構造にしてあるパソコンは、かなり高価になると思います。 ■キー部品がばらばらになっていない場合の対処法 キーボードのキーの形状は、機種によってさまざま。しかし基本的な構造は似ているようで、上からはめ込まれています。 なお、ノートパソコンで主流の「パンタグラフ」式のキーボードは、薄く軽い反面、キートップが外れると、はめ戻しにくいです。 Panasonicパソコンの場合は、メーカーサポートページの図解が親切ですので参照してください。 まずキーがあった部分をよ~く観察するのが大切。キーをつかまえておくツメがあるので、その位置をしっかり覚える。 次に、キーの裏側をよく観察して、上下を判断。 ツメに押し込む(引っかける)小穴や側面などは、ツメ(爪、クランプ、フック)に対応する位置にあります。 どのようにはまる構造になっているのか、できるだけ理解しましょう。 構造を理解するためには、明るい照明の下で、いろいろな角度から観察します。横に並べて置いたり、上から見たり、下から覗いたり、虫眼鏡で見たり、デジカメで撮って拡大したり。パソコン(キーボード)も回転させて、いろいろな角度から観察すると、引っかけるフックとなっている部分の形や角度を見極めることができます。これが分かれば、元に戻すことが容易になります。よ~く観察すれば、修理費(1万円)を節約できるかも。 引っかける構造のキートップならば、分かってしまえば構造は単純です。単に小さいだけ。 部品がばらばらになっていなければ、そのまま、元あった位置に、上から指でそっと慎重に押し込む。(自己責任で) このとき、反対側にある上下左右のツメの位置を思い出し、1つずつ(あるいは片側ずつ)はめていくようにするのがコツ。構造によっては、斜めからはめないと、はまらないキートップもあるので要注意。 たとえば、左下のツメの上に指をそっとすべらせ、上からそっと押してみましょう。ひっかける構造であれば、横からずらすように押します。 近いツメから順に、はめましょう。たとえば、最初に左下のものがはまったのならば、右回りに次は左上、次に右上、最後に右下。 対角線で左下→右上のようにはめようとすると、離れているので微妙に位置がずれ、はまりにくくなるかもしれません。 はまった場合は「カチッ」と音がします。強く押すと、ツメが変形して、二度とはまらなくなるので注意。そっと押します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– 迅速!低価格!高品質!■□ … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

ノートパソコン キーボード修理 交換

ノートパソコンのキーボードは、パソコンを操作する上でとても重要なな部品です。 キーボードが一部分でも壊れると、すぐにでも直さなければ、ノートパソコンはまったく役に立たなくなってしまいます。 機種によってはキーボードを簡単に交換できる場合もありますが、ノートパソコンのキーボードは非常に軽量で脆い部品です。取り付け中にキーボードを破損してしまうだけでなく、ノートパソコンの重要な部品を破損して、ノートパソコン自体が起動しなくなってしまう危険性もあります。 ノートパソコンのキーボードが故障すると、以下のような症状になることがあります。 ノートパソコンを起動させると連続したビープ音が鳴る 故障したキーが押されっぱなしになった状態で故障しているため、ノートパソコンから警報音が出ています。キーボードの交換が必要です。 特定のキーが入力できない キーボードのセンサー部分や、キーボード内の回路にホコリや湿気が混入し、動作を妨げている状態です。キーボード自体を分解することは困難ですので、キーボードの交換が必要です。 キーボードを操作すると、意図しない文字列が入る、または動作をする キーボードから常にコマンドキー(ctrlキーやShiftキーなど)が押されたままの状態で故障しているため、ショートカットキーによるコマンド操作が入力されています。 パスワードが入力できない キーボードが故障すると、正しいパスワードが入力できず、ノートパソコンにログインできなくなってしまいます。 キートップが取れてしまった ノートパソコンのキーボードはキートップ(文字が印刷されているボタンの部分)が脆く、簡単に取れてしまいます。さらに無理な力がかかると、機械的に破損してしまいます。 パンタグラフが取れてしまった パンタグラフはキーを垂直に上下させる機構ですが、脆くて折れやすいのが特徴です。パンタグラフが折れてしまうと、キートップを支えられませんので、キーボードの交換が必要です。 ノートパソコンのキーボードが故障してしまう原因として以下のようなお客様が多く見受けられます。 キーボードに水や飲み物を零してしまった キーボード上に物が落下してしまった キーボードにホコリが詰まって押せなくなってしまった ある日突然、一部のキーが反応しなくなった お子様やペットに壊された ノートパソコンのキーボードは、メーカーや機種によって、まったく異なるキーボードが取り付けられているため、お客様のパソコンに適合するキーボードに交換する必要があります。キーボード交換をご希望の際は、ノートパソコンのメーカー、型式を必ずお知らせください。 ノートパソコンのキーが一部だけ破損している際は、補修による応急的な修理が可能な場合があります。補修が可能な例として、下記のような例が挙げられます。 キーボードのパンタグラフを支える台座が曲がった場合 キートップ側のパンタグラフが部分的に破損した場合 キーボードの中心にあるラバーボタンが外れてしまった場合 ノートパソコンをすぐにでも使用したいお客様には、以下のような処置をすることも可能です。お気軽にご相談ください。 USB接続のキーボードで使用可能にする お客様のノートパソコンに適合するキーボードが無い場合は、USBの外付けキーボードを利用することで、応急的に使用可能な状態とすることができます。お困りの際はお気軽にご相談ください。 ※キーが押されっぱなしになる症状では、本体に取り付けられているキーボードの配線を取り外し、USBキーボードのみで正常に使用できるように修理致します。 キーボード内で、あまり使用しないキーと部品を入れ替える 壊れてしまったキーと同一形状のキーであれば、使用頻度の低いキーと、直したいキーを入れ替えることで、応急的に使用可能にできます。ノートパソコンを一刻も早く使用可能にしたい方は、お気軽にご相談ください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

ノートPCのキーボードを掃除する方法とRealforceクリーニング

ノートのキーボードを分解して掃除する方法。 わけのわからないタイトルになっておりますが、本当はRealforceというデスクトップ用キーボードの掃除の一部始終を垂れ流そうと思ったものの、酔った勢いでやってしまった為に写真を撮っていなかったという。 茶を濁す為にノート用キーボードの分解方法から。 キーボードの種類はメンブレン方式とかメカニカルスイッチなど有るけれど、今回はスイッチ部分では無くキー表面なので大きく分けて3種類。 ノートや外付の「アイソレーション」は分解が困難 ノート用の「パンタグラフ」キーボードの分解方法 「キー引き抜きタイプ」で準備する物と掃除の手順 ここから下は解説通りに分解してぶっ壊れても私は知らないので、やるなら自己責任にて。また、後半で一部汚い画像が出るのでご注意有れ。 ノートや外付の「アイソレーション」は分解が困難 アイソレーションは分離とか独立という意味で、キーがそれぞれ隣接しておらず、その他の特徴としてはキーストローク(深さ)が浅い物が多め。 ノートPCでこれなら分解は困難で、理由はキーが引き抜けない上、写真のノートPCの場合はキーボードそのものが簡単には外れない為。 やろうとするとノートPC本体の大掛かりな分解になり、業者やメーカー、マニアならやるかも知れないレベル。 このノートでキーボードまで到達しようとすると手順はこうなるはず。 ボトムケース(底面)を外す HDDなどのパーツをマザーボードから切り離す マザーボードを取り外す ここまでやりようやくキーボードの裏まで行ける、かも知れない。 分解慣れしていると思う私がやるとしても往復(分解~元に戻すまで)計30~60分くらいは掛かるかと。初分解なら半日とか、更に元に戻せなくなるかも知れない。 主にデスクトップ用の外付けなら普通に分解するだけで良いと思うけれど、アイソレーションはキーが独立しており「枠」が有る為、キーボードを裏から外すとキートップが散乱する可能性。やるなら無くさないようご注意有れ。 アイソレーションは隙間をエアーで吹けずブラシも入らずクリーニングが難しい。表面を拭く程度でしょうな。 ノート用の「パンタグラフ」キーボードの分解方法 外し方は簡単、この写真の方向ならキートップに指の爪を掛けて左から右上45度くらいに引き上げると片側が外れる仕組。逆にしたり上下にすると折れる確率アップ。 パンタグラフが上下になっている物も有り、方向を誤ると破損の可能性有り。また、経年で劣化しているならプラスチックが簡単に折れてしまう事もあるので結構ギャンブル。もしやるなら普段使わない、壊れても良いキーで試しましょう。 ちなみにパンタグラフが折れた際は、メーカー修理の場合はキーボード丸ごと交換、最悪ベアボーン(ノート本体ほぼ丸ごと)交換になる事も有るのでご注意有れ。プラスチック1つ折れたのみの修理代でも万単位になるやも知れず、という意味。 キーボードそのものを外す場合、例としてBTOパソコン(マウス、パソコン工房、フロンティア、オンキヨーなど)で採用の多いCLEVO製品なら、キーボードの奥か手前に高確率で爪がございます。 「キー引き抜きタイプ」で準備する物と掃除の手順 ここからが本題。 キー引き抜きタイプとは私が今勝手に命名したもので、名前の通りキーを上から引き抜くと外れる物。 先に準備する(した)物。 キー引き抜き工具 液体中性洗剤(まめピカ※便座クリーナー) 歯ブラシ(小さめで毛が柔らかい物) 毛羽立たない布(使いふるしたTシャツなど) 洗濯用洗剤(アタックとかトップなど粉末の洗剤) バケツ(キー100個入れてかき混ざるなら何でも) 洗濯ネット(100円ショップで入手可) キーの下は見ない方が幸せかも知れない(まとめ) 本末転倒になるけれど、キーボードのキーの下は想像以上にカオスな状態になっていると思われ、数年間掃除せず使用した隙間の多いキーボードはやばい状態になっているかと。 具体的に何が混入していたか多いと思う順に書くと 綿ぼこり … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

キーボードの一部のキーが反応しない

本日PCソフトPowerSuite2012のMaxidiskでハードディスク内の不要なファイルを削除した後、キーボードを使用したら一部のキーが反応しなくなりました。反応しないのはホームポジション内の[5]と[6]、[ほ]と[へ]のキーです。 また[半角/全角]キーを押して、【直接入力】から【ひらがな入力】への切り替えも出来なくなりました。 ちなみにデバイスマネージャにてキーボードのプロパティを確認したところ、[PS2 keybord(106 keys ctrl + caps)]、製造元:Logicoolでした。 私はハード的な故障と思えるが、水分をこぼしたとかの要因ではないのでハード故障は考えずらいと考えています。 [半角/全角]キーを押して変換できないのはおそらく[半角/全角]も不良ではないでしょうか、言語バーで切り替えできるか確認する。 [5]、[6]、[ほ]、[へ]が埃でとは考えにくい、埃であれば数回押すと何回かは表示されるでしょう。 たぶん他のキーも使用できない物もあるのでは、全キーを試してみること。 ハード故障であれば[5]、[6]、[ほ]、[へ]は一個づつの回路で形成されていないので他のキーも使用できないと思われる。 1、PowerSuite2012を実行する前にこのアプリケーションでの現状バックアック機能はありませんか。 2、なければ、「システムの復元」を実行(やってみなければ分かりませんが、ダメもとで実行)。 3、どこかでキーボードを借りられればそれで確認すればハードかの確認は一番簡単ですが。 失礼な表現、記載、誤記等ありましたらご容赦ください。 キーボードハードの要因は排除はできませんが回答7(ANo7)の方のおっしゃっている意味が分かりません。 まず、キーボードは基本ASCII文字しか入力できません。リンク参照ください また、それに相当する(IMEで指定できる)半角カタカナ位(日本向けキーボードの場合)です。 気になると言えば隣接していること。ゴミの可能性?くらいで、後は調べるしかない。 キーボードは元々参照リンクの英語文字のASCIIコードの入力しか出来ません。 それにソフトが構築され日本語がサポートされます。 速い話タイプライター それ以外の文字はソフト処理です。 それを見極めるためには半角英文字でキーボードを全部叩いてみるしかありません。 (Windows以前での確認がもっといいと思います) 106キーボード()内は10,16,2進数 Key   10進数 16進数  2進数 [5]   53(10) 35(16) 00110101(2) [6]   54(10) 36(16) 00110110(2) ほ(-)  45(10) 2d(16) 00101101(2) へ(^)  94(10) 5e(16) 01011110(2) 電気的に影響があるなら後ろから3bit目、でも後ろから3bit目ならば他の文字にも影響があるはず! 例えば数時の[4][7]キーは隣接しているキーであり後ろから3bit目は「1」電気的影響ならばこの辺も問題が出ると思われます。 断線系の様なトラブルならまず、調べても問題なし。 ショート系の問題ならば[4][7]キー他もっと影響がある可能性が大きいと思います。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Windows 8 /8.1で、キーボードが反応しない場合の対処方法

はじめに Windows 8 / 8.1でキーボード使用時に、次のような現象で正常に動作しない場合があります。 キーボードが認識されない。 キーボードからまったく入力できない。 1. キーボードの状態を確認する キーボードのどのキーを押しても反応しない場合、パソコン側がキーボードを認識できていない可能性があります。 パソコンを再起動し、再度キーボードが正常に認識されるか確認してください。 デスクトップパソコンで、ワイヤレスキーボードを使用の場合は、電源が入っているか、電池が残っているかなどを確認してください。 また、キーボードにごみやほこりが詰まっていたり、液体をこぼしたりした場合、キーボードが機能しなくなることがあります。 汚れを確認し、原因になりそうなものを取り除いて、キーボードが正常に動作するか確認してください。 2. 特定のアプリケーションの問題かを確認する 特定のアプリケーションでのみ起こっているかを確認するために、文字を入力するアプリケーションをほかに起動し、同様の現象が起きるかを確認してください。 特定のアプリケーションのみで現象が発生している場合、そのアプリケーションに何らの問題が発生している場合があります。 そのアプリケーションを再起動しても改善されない場合は、PCのリフレッシュを行うか、追加したアプリケーションの場合はいったん削除し、アプリケーションの提供メーカーにお問い合わせください。 3. フィルターキー機能を無効にする フィルターキー機能が有効になっていると、キーを長く押さないと文字を入力できなかったり、同じ文字が続けて入力できなかったりすることがあります。 フィルターキー機能が有効になっている場合は無効にして、キーボードが正常に動作するかを確認してください。 4. ドライバーを再インストールする ほかのパソコンにキーボードを接続し、キーボードが正常に動作するかを確認してください。 ほかのパソコンで正常に動作する場合、キーボードを接続するポートの破損が考えられます。 デバイスマネージャーを確認し、ドライバーの再インストールを行ってください。 5. BIOSの初期化を行う BIOSの初期化を行うことで改善される場合があります。 6. その他 以上の処置を実施しても現象が回避できない場合、キーボードやパソコン本体に不具合が発生している場合があります。 121ware.comから最新修正モジュールをダウンロードするか、もしくはWindows UpdateでMicrosoft社製品の各種修正モジュールをダウンロードして、最新の状態でキーボードが正常に動作するかを確認してください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

パソコン・キーボードの故障(上)

宅配便これまで修理した数千台の中から、「キーボード」に関係する故障を紹介します。 キーボードの故障には故障現象で直ぐにわかるものと、一見キーボードとは思えない故障が有りますので、このページを 参考にしてください。 ノートパソコンのキーボードは良く壊れますが、デスクトップ用のキーボードは滅多に壊れませんので覚えておくとよいと思います。 パソコン・キーボードが不具合を起こすと次のような現象になります。 それでは、診断にかかりましょう。 上記のパソコン・トラブルが発生している場合に於いて、以前キーボードに液体を溢した記憶がある場合は、迷わずキーボードを交換してみます。  すでに乾いてしまった場合でも、一度濡れたパソコンのキーボードは安心できません。 パソコンのキーボードの接点は一個一個独立したスイッチではなく、複数の部品がフイルム上に造られており、 この中に水分が進入するとほぼ使用不能状態になります。 パソコンの周りで飲食することはもちろん、コーヒー、ジュースなどは近くに置かないように注意しましょう。 ( 診断1: ノートパソコンの特定キーが入力できない) この現象は、キーボードの故障に間違い有りません。 すぐにキーボードを調達して交換してみましょう。 確認のために外部USBキーボードで入力できるか確かめてみるのもいいかもしれません。  USBキーボードは1,000円以下の物も有りますから1個予備に購入しておきましょう。 写真はキー入力によるキーコードを確認するためのソフトウェアです。 このソフトウェアでキー入力及びコントロールコードの確認ができます。 ノートパソコンのキーボードが故障する頻度は高く、汚れも付きやすく、キートップを破損する人も少なくありません。 そして、SONY,富士通、東芝のように部品を出荷しないメーカーの保守部品を入手するには、多くの日数がかかるとともに、NECに比べ5倍以上の高い価格が付けられています。 このようなことから、パソコン保守用部品を販売店に絶対出荷しない、SONY,富士通、東芝のパソコンを購入することは、消費者にとって何のメリットもありません。 (診断2:勝手に文字が入力される(1)ノートパソコン) パソコン画面に文字が勝手に入力される現象はキーボードの故障です。 念のためにキーボードを抜いてみます。 ノートパソコンの場合は、分解してキーボード用フラットケーブルを抜いてみましょう。  デスクトップパソコン用キーボードは各社共通ですが、まれにメーカー製パソコン付属キーボードの中で、他社製パソコンに接続すると動作しない物が有りますので注意が必要です。 ノートパソコン用キーボードは各社、各モデルごとに異なりますので注意が必要です。 インターネットで探すことができる場合がありますが、メーカーは絶対部品販売しません。  パソコンメーカーが保守用部品を出荷しないため、インターネット上でのパソコン部品市場価格は、適正価格の10倍にも達しています。 私は、ユーザーが自分で交換できる部品は、各メーカーが 販売するようtwitter、経済産業省、消費庁などに訴えているのですが、まだ多くの賛同をいただけていない現状です。 消費者はもっと賢くならなければいけません。 そして、部品を販売しない メーカー、SONY,東芝、Gateway、ONKYO、emachines、DELL、その他のメーカーパソコンは購入しないことです。 (診断3:ノートパソコンで勝手にコントロール・コードが入力される) パソコン・キーボードの故障で、上記(診断2)のように、画面に勝手に文字が表示される現象以外の故障が起こることがあります。 それは「A」「B」「C」「1」「2」「3」など以外の 制御コードが勝手に入力されている場合です。 現象は、デスクトップ・アイコンがパラパラと常に変化している場合などです。 この場合もキーボードを交換します。 キーボードのフラット・ケーブルを 抜く事でテストをすることができますので確認してみましょう。 (診断4:ノートパソコンで文字を入力すると数字が入力される) これは故障ではありませんが、時々修理依頼、問い合わせが来るので事例として紹介します。 ここで書くまでもありませんが、ノートパソコンにおいて、NumLockキーが押されていると、「U」、 「I」、「O」がそれぞれ「4」、「5」、「6」のようにテンキーとして動作します。意外と気が付かない人がいますので。 実際、このような事例で、時々修理として持ち込まれることも あります。 大抵の場合、受付の時点で教えてあげますが、某量販店からの依頼ではそのまま受け付けられてしまうケースが度々有ります。 お金は頂きませんが、お互い時間の無駄ですから。 (診断5:ノートパソコンの電源を入れるとピーピー音がして起動しない) いつまでも、連続してピーピー音がして、起動しない時は、キーボード不良が考えられます。 キーボード用フラットケーブルを抜いて音が止まると同時に、Windowsが起動する場合、キーボードを交換しましょう。キーボードのフラットケーブルを取り外すためには、多少ネジを取り外す必要があります。慣れない人は、まず本サイト「パソコン分解」のページをご覧になってから行うことをお勧め致します。また、パソコン分解に自信のない方は、お近くのパソコン修理専門会社に修理依頼することをお勧め致します。   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆   □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

パソコン・キーボードの故障(下)

(診断6:どのキーも入力できない) どのキーも入力できない場合は、キーボードの故障です。 念のために外部USBキーボードを取り付けてみましょう。 OS,ドライバの障害でキー入力ができないトラブルはほとんど起こりません。  また、デスクトップ・パソコン用キーボードはほとんど壊れません。 このケースで極まれに、メイン基板の故障も有ります。 これは交換してみないと解りません。 (診断7:押したキーでない文字が入力されたり、キーを1回押すと文字が2個入力される) 押したキー以外の、でたらめな文字が入力される場合、キーボードを交換してみましょう。 ( 診断8:ノートパソコンのデスクトップ上アイコンが常にパラパラと動く) 「診断3」と原因は同じで、キーボードから連続して、制御コードその他の不正な信号が出ていることが原因です。 キーボードを交換しましょう。 (診断9:ノートパソコンでEXCELのセルが勝手にスクロールする) この現象は、カーソルキーに相当するコントロール・コードが連続してキーボードから出力されていることが原因と思われますので交換します。 極まれに、キーボード以外にタッチパッドの不良もあります。 実際、私が診断する前に、他の担当者がメーカーへ修理依頼したパソコンで、この現象を某メーカーがメイン基板不良と誤診断したケースがあります。 画面スクロールがメイン基板の故障で起こるわけが有りません。 (診断10:ノートパソコンのキーボードを掃除したらキートップが外れた) キートップの構造はメーカー・機種によって異なります。 無理に強く押しつけて取り付けようとしますと、針の太さ程度のプラスチック部分が変形したり、折れてしまいます。 キートップの構造を良く頭に入れ、隣のキートップを外し正常時の取り付け方法を理解して取り付け直してください。 キートップが外れて、自分で取付ようとしてできなくて修理に入ったパソコンは全数キートップを破損させてしまっています。 自分で取り付けようとせず、そのままパソコン修理専門店に持ち込んだほうが安く上がることがあります。 キートップ部分単品の部品設定はありませんので、キーボード全体の交換修理になります。 あるいは、ほとんど使用しないキーから取り外して交換することも一つの方法でしょう。 メーカー修理依頼の場合、2万数千円の出費になります。 この場合、メーカー・量販店に依頼せず、近くの適正価格で修理するパソコン保守会社に相談してみましょう。 ほとんどの量販店は修理技術を持たず、そのままメーカーに依頼します。 その結果、ただでも法外に高いメーカー修理代に、量販店の手数料が数十%上乗せされます。 キートップが外れたら、そのまま専門保守会社に持ち込むことで、1,000円で直ることも有りますから。 ノートパソコン・キーボードのキートップは、下方向にはかなり強く押しても壊れませんが、左右の力に対しては非常に弱い構造となっています。 そのことを頭に入れ、掃除をしましょう。 パソコンのキーボードを掃除する方法は、初めにエアーコンプレッサーでキートップ下の埃を吹き飛ばします。次に、タオルに液体ガラスクリーナーを吹きかけ、キートップを押しながら軽く拭き取ります。キーボードに直接液体ガラスクリーナーを噴霧しないようにしてください。かえって故障の原因になります。そして汚れを拭き取る時は、なるべくタオルを横にスライドさせないことです。 この時タオルが引っ掛かると簡単にキートップは外れてしまいます。 (診断11:ノートパソコンのキーボードにコーヒーを溢してしまった) ノートパソコンのキーボードに液体を溢した場合、程度にもよりますが、その液体がメイン基板に回っていることがあります。 1時間以内に分解、乾燥した圧縮空気で乾燥しないと、基板が腐食してしまいます。  特に、小さいICの下に水分が回り込みますと、ほとんど使用不能です。 NECパソコン以外は、新しいパソコンに買い換えた方が良いでしょう。 そして新規にパソコンを購入する時は、NECパソコン以外購入しないことです。 その理由は、長くなるのでここではこれまでとします。 (診断12:勝手に文字が入力される(2)デスクトップパソコン) デスクトップ・パソコンのキーボードはほとんどこのような故障になりません。 しかし、ごくごく希に次のようなこともあります。 デスクトップ・パソコンで「押したキーでない文字が時々入力される」という修理依頼です。 入力テストしても現象が出ず、キーボード・テスト・プログラムを動かしてもその兆候が検出できません。 キーボーの各キーを何度も押して、動作テストしても不具合を検出できません。 そこで、推定修理として、キーボードを無料交換しました。 その後不具合は出ず直っております。 交換した、故障と思われる、キーボードを日常業務に使用しているパソコンに接続してテストしていたところ、数ヶ月経って偶然 不具合に気が付きました。 それは、キーボードのある一カ所のキーだけが、キートップにさわるか、さわらないか程度の押す力で、キー入力されてしまう現象がになっていることです。 通常のキー入力操作で、ホームポジションに指を置いただけで、連続入力されるような具合です。 キートップにさわっただけで入力されているのです。 パソコン修理用部品について ノートパソコンのキーボードは、各メーカー・モデルごとに異なります。 そのキーボードさえ部品として販売店・パソコン保守会社に販売しないメーカーは、企業責任が問われる問題であると考えます。  SONY、東芝など2~3千円のキーボーを交換して2万円を超えるパソコン修理代を請求しているメーカーに対して、消費者は何も言えなく、修理依頼先の選択肢さえ奪われているわけです。  メーカーが純正保守部品をパソコン保守会社に適正価格で出荷することで、パソコンの修理代は現状の半値以下に下げることができます。 半値と言っても6万円の場合は3万円で済むわけです。  ほとんどすべてのパソコンメーカーが修理用部品をパソコン修理会社に対しても絶対出荷しないという状況が続く限り、パソコン使用コストを節約する賢い消費者としては、SONY,東芝パソコンは絶対購入しないことが唯一の防衛手段であると思います。  パソコンは必ず故障します。 故障した時に、適正な料金ですぐに修理することができるメーカー 「NEC、または富士通」のパソコンを選ぶことが最も大事なことであると思います。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ □■Apple キーボード  Asus キーボード  Dell キーボード  Fujitsu キーボード  HP PCキーボード– 迅速!低価格!高品質!■□ 一般的に、発送後、商品の到着まで通常3~7営業日かかります。 弊社製品購入日から30日以内の場合は、良品との交換あるいは全額返金をいたします。返品及び交換品発送の送料は、弊社が負担いたします。 E-mail: … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える

パソコン上での日本語入力には、「ローマ字入力」と「かな入力」の2種類の方式があります。 (Windows の初期設定では「ローマ字入力」が選択されています。) 両方式には、それぞれ長短がありますが、ご自身にあった方式を選択しましょう。 ここでは、MS-IME 2000 を例に、入力方式の変更方法を説明します。 キーボードを使って簡単に切り替える 日本語入力システムが“オン”のときに、キーを押しながら、[カタカナ・ひらがな・ローマ字]キー(左図のキー)を押します。 このキーを押すごとに、かな入力/ローマ字入力が切り替わります。 「IMEツールバー」を使って簡単に切り替える 「IMEツールバー」 の左図赤枠で囲んだ部分をクリックすることで、簡単に入力方式を切り替えられます。 ●「ローマ字入力」が選択された状態 ●「かな入力」が選択された状態 「IME のプロパティ」で詳細設定する 「Microsoft IME 2000 のプロパティ」 の 「全般」 タブを選択(クリック)し、「ローマ字入力/かな入力(C)」枠右端の ボタン(下図赤丸部分)をクリックし、設定したい入力方式に変更します。 [ OK ] ボタンをクリックし、設定を終了しますます。 MS-IME ツールバーを表示するには タスクバーの日本語入力インジケータをクリックし、[ツールバーを表示]を選択(クリック)します。 既にツールバーが表示されている状態のときには、コマンドにチェックマークが付いています。 タスクバーの中から「ツールバーを出す」場合は、 タスクバーのなどをクリックし、右図のようなショートカットメニューを表示させます。 「ツールバーを表示」を選択(クリック)します。 MS-IME ツールバー が表示されます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◆◆□◆◆◆ … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

パソコンのキーボードの記号の読み方

■記号の読み方の一覧は、おもにコ ンピュータプログラマーや情報処理に関する職業の人たちが使っている読み方の一例です。読み方は、各国によって違いがあります。 Wikipedia, the free encyclopedia. の Punctuation marks  (英語)などを参考にしてください。 発音の苦手なユーザーは Goo の辞書 などを参考にしてく ださい。 参考:キーボード上の記号は、MS-IME が ON の状態でキーインすると、全角・半角の候補から選択入力が可能です。 なお、「かな入力モード」でも記号の全半角入力ができますが 「かな」 と 「記号」の両方が候補となるため 「ローマ字入力モード」 の方が効率よく入 力できます。 ■読み方と英語について赤い文字は JIS(Japan Industrial Standard)(日本工業規格) JISX201 の 「7ビット及び8ビットの情報交換用符号化文字集合」 の表1 に記載されているものです。 なお、備考1に「表1の日本語通用名称は参考であって,この規格の規定対象外である。」とありますから、この通りに読まなくても良いですが、英語表記はこの通りに使うということです。もちろん、一般人のユーザーにはあまり関係ないことですが・・・ ▼原文は、日本工業標準調査会:データ ベース検索-JIS検索で JIS の後の枠に X0201 を入れて検索で出てきます。 このときの X は半角大文字、数字も半角モードにしてください。 ▼バックスラッシュの読み方が一覧にありません。ウィ キペディア などを参照してください。 「日本語用の文字コードであるJIS X 0201では、円記号は0x5C番地」となっているのですが、Windows 搭載のパソコンで標準で使われます。この 「0x5C番地」は、英語圏などでは「バックスラッシュ」となるのですが、韓国では「ウォン」などと日本と同様に代用されています。 なので、日本で Windows のパソコンを使うとき、バックスラッシュキーを押しても普通は画面に表示させることができません。 表示させるには、ワードなど一部の文字だけフォントの変更できるソフトなどで、フォントをPMingLiU などにするとバックスラッシュで表示されるようになります。こうして作成した文書でも同じフォントを搭載しないPCで読み込むと円マークになってしまうこともあります。 Mac や Linux では、Windows とは反対にバックスラッシュキーはもちろん ¥(円マーク)キーを押しても 文字コードが異なる関係でバックスラッシュになります。そのためWindows以外のOSで入力するには、「えん」で変換するか、または、記号一覧から選択(別のコードに所属するものを利用)して行うことになります。 ただ、異なるOS間での文書の互換性について、あまり心配しないで構いません。ほとんどの場合、きちんと表示されるような仕組みを持っているからです。 ▼参考:フォントによってバックスラッシュが表示されます。そのテストをしました。 Excel と Calc のフォント参照 ▼参考:発音記号は、SIL … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment